体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

氷のかわりに凍ったレモン。最強レモンサワーがたまらない昭和レトロな居酒屋

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

飲み会で新丸子へ。やきとん 大喜利 新丸子店に行ってきました。

昭和レトロな居酒屋で最強レモンサワーともつ焼き・もつ煮込みを食す
写真はお店のおしぼり入れ。豚さんかわいい! お店に入るとまるで昔にタイムスリップしたような昭和を思わせるインテリア。

昭和レトロな居酒屋で最強レモンサワーともつ焼き・もつ煮込みを食す
まだできたばかりの新しいお店ですがレトロ感満載。入ってすぐのところではお店の方が炭火焼きをしている姿が見られます。失礼ながらオシャレさは一切ありません。家庭でくつろぐようなアットホームさが魅力。生ビールと「大喜利煮込み」でワイワイと飲み会のはじまりはじまり。生ビールは大きさが3種類あります。

昭和レトロな居酒屋で最強レモンサワーともつ焼き・もつ煮込みを食す
一番大きい「筋トレ生」は1リットル。その次に大きい「大生」、通常サイズの「中生」。並べてみると通常サイズが小さく感じます。量が選べるのはその日の気分や好みで楽しめて親切ですよね~。私は他のお酒もいろいろ飲んでみたかったので通常サイズをオーダーしました。そして大喜利煮込み。

昭和レトロな居酒屋で最強レモンサワーともつ焼き・もつ煮込みを食す
いわゆるモツ煮込みなのですが、臭みがしっかりとおさえられていてモツはやわらかい。こんにゃくにもしっかりと味がしみ込んでいながらも濃すぎない私にとってベストで好みな味でした。最初の1品でだいたいお店がどんな感じかわかりますよね。とても丁寧な仕込みで品質にこだわっている。でも安さもしっかりと守ってくれているのが伝わってきました。

「ミックス焼き」

昭和レトロな居酒屋で最強レモンサワーともつ焼き・もつ煮込みを食す
その日によって内容は変わるそうですが、この日のミックス焼きの内容はタン、レバー、かしら、はつもと、はつをミックスして焼いたものでした。炭火焼ならではの香ばしくてジューシーな味わいがたまりません。そのまま味わうのももちろんおいしいですが、わさび醤油、柚子こしょう、一味唐辛子で味を変えて楽しむのも良さそうです。ここで「最強レモンサワー」を注文。

昭和レトロな居酒屋で最強レモンサワーともつ焼き・もつ煮込みを食す
何が最強なのか。最近人気のヤツですよ。氷がレモン。凍ったレモンを少しずつ溶かしなが徐々に濃いレモンの味わいを楽しめる。かつ、氷で薄まらない。呑兵衛にはたまらない「薄まらない」ところとレモンの果汁感の強さが最強というわけです。簡単にはレモンが溶けないので私は先に最強レモンサワーをオーダーして、それとは別に他のお酒をオーダー。別なお酒を飲みつつ時間をかけ、少し溶けた頃に最強レモンサワーを飲み始めました。「みょうがサラダ」と「焼きとうもろこし」を注文。

昭和レトロな居酒屋で最強レモンサワーともつ焼き・もつ煮込みを食す
季節限定メニューのようです。旬を意識したメニューもあって嬉しい。

昭和レトロな居酒屋で最強レモンサワーともつ焼き・もつ煮込みを食す
■あわせて読みたい
工場夜景を見れば恋が進展しそう、ロマンチックなムード満点で人気急上昇!
http://tabizine.jp/2015/01/17/29011/

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。