体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アルカラ、シングル「炒飯MUSIC」11/23発売&「ドラゴンボール超」EDテーマに決定

エンタメ
アルカラ、シングル「炒飯MUSIC」11/23発売&「ドラゴンボール超」EDテーマに決定

自称“ロック界の奇行師”アルカラが、11月23日にニューシングル「炒飯MUSIC」の発売を発表した。

表題曲となる「炒飯MUSIC」(読み:チャオハンミュージック)は、楽曲内にさまざまなトリックが盛り込まれ、まさに奇想天外・一筋縄でいかないアルカラの真髄を示す楽曲に仕上がっている。

また本楽曲が、フジテレビ系TVアニメ「ドラゴンボール超」エンディングテーマ曲として、10月よりオンエアされることが決定。「炒飯MUSIC」は、収録された3曲すべてがタイアップソングという大ボリュームな内容となっている。

シングル収録曲2曲目には、アニメ「怪盗ジョーカー シーズン3&4」オープニングテーマとなる「怪盗ミラクル少年ボーイ2」を収録。怪盗ジョーカーシーズン1からオープニングテーマ担当するアルカラが、シーズン3の為に書き下ろした疾走感あふれる楽曲がついにフル尺で初収録される。

また3曲目には、アルカラのライブではすでに披露され盛り上がりを見せる、「LET・IT・DIE」が収録。こちらはPS4「LET IT DIE」公式参加ソングとなっている。

シングル初回限定盤に付属するDVDには、今年6月に開催・総勢68組のアーティストが参加した「ネコフェス2016」のアルカラのライブ映像を収録する。

さらに、早期予約キャンペーンも発表された。「炒飯MUSIC」を対象店舗で対象期間内に予約すると、商品購入時に「アルカラ特製パスステッカー」が特典としてプレゼントされる。

なお、「ドラゴンボール超」タイアップを受け、アルカラ稲村太佑(Vo,G)がアニメを見ていた小学生時代の思いと今回の新曲に忍ばせた思いをコメントで明かした。

アルカラ・稲村太佑 コメント
おっす!オラ、アルカラのボーカル稲村太佑ですー!
この度は「ドラゴンボール超」のエンディングに我々アルカラを選んでいただき誠に光栄です。

僕自身が小学生時代アニメで見てた時の事を思い出して作らせていただきました。
思い起こせば、ドラゴンボールの主題歌やエンディングは幼なながらも常に不思議とワクワクで一杯だったなぁ。

掴もうぜ!の「摩訶不思議アドベンチャー」に出てくる歌詞「世界で一途」の「一途」を「いっと」と読ませたり、意味も分からず歌ってましたが。Zシリーズになってからの影山ヒロノブさんの「CHA-LA HEAD-CHA-LA」は歌声も曲名も何から何まで衝撃だったし。

エンディングの「でてこいとびきりZENKAIパワー!」では曲の始めに不思議な声が入ってて「何やろこれ??」って思ってたら、大人になって「逆再生」という手法でメッセージが隠されてることを知り驚きました。

今回、ドラゴンボールといえば、やはり悟空の大食いシーン!ってことで何か食べ物がいいなって思い「炒飯MUSIC」というタイトルにさせていただきました。当時はよく「ドラ」の音が使われてたと思いますし、衝撃の「逆再生」とやはり「一途」の歌詞に取り入れて制作したので、アルカラのドラゴンボール愛が詰まった作品となっております。

逆再生部分は実は「すべてのドラ○○○○○○○に捧ぐ」というメッセージが隠されているので、ぜひとも逆再生をさらに逆再生してみてもらいたい。

もうちょっと言うと、僕の同世代はちょうど小学生くらいのお子さんがいる方も多く、親子でドラゴンボールを見ているという連れもいます。この曲で僕ら世代に何か懐かしさみたいなのを感じてもらって、世代を超えた作品ドラゴンボールを通して親子で会話とかが弾んでくれたらなって思っております。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会