ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BlackBerryはハイスペックな「DTEEK60」を開発中か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BlackBerry の新型スマートフォン「DTEK60」のスペック情報が海外の WEB サイト CrackBerry に掲載されました。BlackBerry は先日発売した DTEK50 のほかに、数機種の Android を開発していると噂されており、今回の DTEK60 はその際、“Argon“ と呼ばれていた機種だと言われています。スペックの画像によると、DTEK60 は DTEK50 よりも大きい 5.5 インチスマートフォンで、背面には 2,100 万画素カメラや指紋リーダーを搭載するなど、スペックも DTEK50 よりも上となる模様です。DTEK50 の「便利キー」もあるとされています。また、同サイトによると、DTEK60 は 2,560 x 1,440 ピクセルのディスプレイ、Snapragon 820 2.15GHz クアッドコアプロセッサ、4GB RAM、32GB ROM、3,000mAh バッテリーを搭載しています。かなりハイスペックな機種になる模様です。DTEK50 はスペック的にミッドレンジモデルといった機種でしたが、DTEK60 はフラッグシップ級の機種になりそうです。Source : CrackBerry

■関連記事
HTC、「Desire 10 Pro」「Desire 10 Lifestyle」を発表
Googleスライド、Android Wearからのスライド切り換えに対応
ASUS、国内向けZenFone SelfieのAndroid 6.0アップデートを9月21日に開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP