体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『バイオ』最新作でローラの恋人役を熱演! ウィリアム・レビー「全ての元凶となる本当に悪い奴なんだ」[ホラー通信]

エンタメ 映画
スクリーンショット 2016-09-20 11.56.19

2002年の1作目公開以降、5作続いてきた『バイオハザード』シリーズが遂に完結。『バイオハザード:ザ・ファイナル』が12月23日に日本世界最速公開となります。

本作で重要なキャラクターに大抜擢されたのは、キューバ出身の俳優ウィリアム・レビー。テレビドラマ『ビクトリア~愛と復讐の嵐』や『ディアナ~禁断の罠』等に出演し、ジェニファー・ロペスのPV出演。エキゾチックな瞳と凛々しいスタイルは“ラテンのブラピ”とも称されます。劇中ではローラさんの恋人役を熱演。そんな、今後注目のウィリアム・レビーに電話インタビューを敢行。注目ポイントを伺いました。

【関連記事】『バイオハザード:ザ・ファイナル』監督インタビュー「ケルベロスが50匹くらい一気に登場するよ! 最高だよね!」
http://horror2.jp/16428

スクリーンショット 2016-09-20 11.56.05

―『バイオハザード:ザ・ファイナル』でオファーが来た時、どんな気持ちでしたか?

ウィリアム・レビー:最初に電話をもらった時は非常に驚いたよ。映画ではなく、撮影に付いて何も知らなかったからね。それで、非常にびっくりしたんだ。と言うのは僕がこのシリーズの大ファンで全部見ていたからなんだ。僕の代理人が言ったのはもし脚本を良いと思ったら1週間以内にアフリカに行かなければと。脚本を読む必要はないよ、シリーズが大好きだからね。アフリカに行きますと答えたんだ。まったくもって素敵なサプライズだったよ。この映画に参加できたのは非常嬉しかったね。 

―ポールW.S.アンダーソン監督からはどんなリクエストが入りましたか?

ウィリアム・レビー:僕が彼に初めて会ったのは南アフリカに着いた時だったんだけど、彼は既に撮影に入っていたので電話はできなかったんだ。それで、現場に着いて彼と2、3の事柄をチェックしましたね。セットに入ったら毎日が予想外のことだらけですよ。ポールは即興が多いです。セットで変えるんです、そしてこうしてああしてと指示するのですが、恰好よかったです。

―演じられた役柄についてお聞かせください。

ウィリアム・レビー:僕の役柄の名前はクリスチャン。本当に悪い奴なんですが、とてもユニークなキャラクターなんだ。でも皆は彼が悪い奴なのかいい奴なのか分からない。彼はとてもホットな奴なんだ。彼は最初はミラが演じるキャラクターを信じていない。すべての事が彼のせいで起きるのですが、それは彼が誰も信じていないから。彼はガールフレンドが危険にさらしたくない、それでいつもそのために戦っているだ。僕がこのキャラクターを好きなのは、彼が彼らが生き残るためにのみ生きているという事なんだ。。現代の我々と違って彼らは今日一日を生き抜きたいだけからね。。我々は何か新しい物を手に入れられるか探しているよね、新しい車、新しい家、新しい衣服などね。しかし彼らは只もう一日だけ生き抜いていこうとしているだけなんだ。それは最も大事なことだ。彼は自分の命を捨てるなんて覚悟はない。彼は想定外でそしてホットな男だし、すごい奴ですよ。それを演じきろうとするのは大変な苦労だったね。

1 2 3 4次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会