ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】ディズニーの最新映画『モアナと伝説の海』のトレーラー、ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンとアウリィ・クラヴァーリョが冒険の旅へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米ウォルト・ディズニー・カンパニーによるポリネシアン系プリンセス映画『モアナと伝説の海』が、長編冒険物語を展開するためのボイスオーバーを開始した。

予告編では、老人の様なナレーションが「何世代にもわたり、この平和な島は私たち家族のふるさとだった」と語り、「だが、サンゴ礁を超えて巨大な危険がやって来た。伝説は、彼女に半神半人のマウイを見つける旅に出るよう語りかける。そして、彼らは力を合わせ、私たちを全てのものから守るであろう」と続ける。

そして、伝説が語るように、映画のタイトルである主人公のモアナ(アウリィ・クラヴァーリョ)はマウイ(ドウェイン・“ザ・ロック”・ジョンソン)と出会い、力を合わせて大海へと乗り出していく。

「マウイ、様々な姿に形を変える風と海の半神半人、私は…」と、尊敬すべき仲間に語りかける。

マウイはその言葉を途中で遮り、「男たちのヒーローだ」と言って彼女が自分の正式な肩書を知っていることを確認する。

マウイは空を飛ぶ鳥に変身する能力を持っている一方で、モアナは水を操る能力を持っている。

「海は私の友人なの」とモアナは語る。

2人の間には、冗談を言い合う友情のような仲間意識が生まれるが、2人の相性は道を進むうちに思わぬ障害を生み出すことになる。

トレーラーの中で、マウイはモアナに「俺はこんな小さな子供と一緒に任務を果たすつもりはない」と語る。

ミュージカル『ハミルトン』を手掛けたリン・マニュエル・ミランダは、『モアナと伝説の海』の音楽の一部を担当した。ミュージカルにはアラン・テュディック、ジェマイン・クレメント、ニコール・シャージンガー、ミランダと『ハミルトン』で共演したフィリッパ・スーらが出演している。

『モアナと伝説の海』では、映画『リトル・マーメイド/人魚姫』、映画『アラジン』、映画『プリンセスと魔法のキス』を共に手掛けたロン・クレメンツ、ジョン・マスカー両監督が再びタッグを組む。

『モアナと伝説の海』は感謝祭の日である11月23日に米劇場公開される。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP