ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ももクロ佐々木彩夏 ソロ公演を横アリで開催! 78回「あーりん」と連呼する新曲も初披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ももいろクローバーZの佐々木彩夏が、9月19日 横浜アリーナにてソロコンサート【AYAKA-NATION 2016 in 横浜アリーナ】を開催し、11,716人を動員した。

【AYAKA-NATION 2016 in 横浜アリーナ】ライブ写真

 高城れにの【さくさく夢楽咲喜共和国 ~笑う門にはノフ来る~】、有安杏果の【ココロノセンリツ ~Feel a heartbeat~ Vol.0】、百田夏菜子&玉井詩織の【ももたまい婚】に続き、“あーりん”こと佐々木彩夏によるソロコンサート【AYAKA-NATION 2016 in 横浜アリーナ】が、神奈川・横浜アリーナで遂に開催。どのメンバーよりも、ももクロのライブ内にてソロ曲(「だって あーりんなんだもーん☆」「あーりんは反抗期!」等)のパフォーマンスが多い佐々木彩夏だけに、ファン待望のライブとなった。また、このソロライブ開催を記念して、自身も熱烈なファンであるHard Rock Cafeではコラボグッズが販売され、横浜店では衣装展示や愛用のギター展示がされている。なお、Hard Rock Cafeが日本で女性アーティストとコラボしたのは、佐々木彩夏が初めてのケースとなる。

 開場時刻前から全身をピンクに纏う多くのファンが会場に集まり、ピンクに染められていく横浜アリーナ。開演時間となり、会場に佐々木彩夏がステージへ登場すると、ももいろクローバーZの楽曲のみならず、数多くの楽曲を次々に披露していく。「青春賦」では手話を取り入れ、「イマジネーション」では曲中で5着の衣装に早替えするパフォーマンスも。公演内では全8回の衣装チェンジ、計9着の衣装に身を包んだ。

 ライブ冒頭から11曲をMC無しでたたみ掛け、ライブ中盤では、ドームツアー【MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016“AMARANTHUS/白金の夜明け”】でも披露されたエレキギターの演奏を行い、「Separate Ways」では初となるギターソロを披露した。アンコールでは「あーりん♪ あーりん♪」と78回も「あーりん」と連呼するコーラスが入った新曲「あーりんはあーりん□」(□=ハート)を初披露。ラストに、ソロ曲第1作目となる「だってあーりんなんだもん☆」をパフォーマンスし、大歓声の響く中、ソロコンサートに幕を下ろした。

 なお、この日初披露した新曲「あーりんはあーりん□」は9月28日よりiTunes Store、レコチョクにて配信開始となる。そして、ももいろクローバーZは約25万人を動員したドームツアーのライブBlu-ray&DVD『MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け”』を11月16日に発売し、12月23日、24日には千葉・幕張メッセで恒例のクリスマスライブ【ももいろクリスマス 2016 ~真冬のサンサンサマータイム~】を開催する。

photo by HAJIME KAMIIISAKA

◎【AYAKA-NATION 2016 in 横浜アリーナ】
2016年9月19日(月・祝)横浜アリーナ セットリスト
01.HONEY
02.Greatful days
03.夏色のナンシー
04.秘密の花園
05.サボテンとリボン
06.イマジネーション
07.青春賦
08.ever since
09.A Song for xx
10.Together When…
11.バンビーナ
12.Separate Ways
13.OH YEAH!
14.ROCK U
15.Bi-Li-Li Emotion
16.タマシイレボリューション
17.キューティーハニー
18.Butterfly
19.WONDER Volt
20.YUME日和
21.Link Link
22.あーりんは反抗期
23.スウィート・エイティーン・ブギ
24.あーりんはあーりん□(新曲)
25.だってあーりんなんだもん☆

◎配信リリース「あーりんはあーりん□」(□=ハート)
2016/9/28 配信開始
作詞/作曲/編曲:前山田健一

関連記事リンク(外部サイト)

ももクロ 新作は“笑顔を届けること”をより広く繋げていこうとする究極のエンターテインメント(Single Review)
ももいろクローバーZ ニューシングルリリース記念特集 8年間の“ ザ・ゴールデン・ヒストリー”
ももクロ 新曲のライブ映像フル公開! 玉井詩織&百田夏菜子はラジオ公開録音にハスラーで登場

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP