ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホを電波で充電!「AirVolt」は最大12メートルの範囲でケーブルフリーに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イヤホンやウェアラブルガジェットなど、今や「ワイヤレス」が当たり前の時代になりつつある。確かに、ケーブルがあると行動範囲が規制されたり、邪魔になったりするもの。

そこで、スマホの充電シーンもワイヤレスに、と開発されたのが「AirVolt」。トランスミッターから最大12メートルの範囲でスマホを電波で充電できるというものだ。

・9メートル以内がベスト

AirVoltはコンセントにさすトランスミッターと、スマホのコネクタ部分にさすレシーバーの2つで構成される。

両方をセットすると、電気がトランスミッターから電波でレシーバーに送られてスマホを充電する。

充電できるのは最大12メートルの範囲。ただし、距離が離れるほどに充電効率は下がり、9メートル以内がベストのようだ。

・フル充電は3時間

充電効率は、5ボルトのケーブル使用時に比べると若干下がる。スマホをフル充電するのにケーブルで2時間半かかるところ、AirVoltだと3時間かかるとのこと。

この30分の差をどうとらえるかは人によって異なるだろうが、スマホをケーブルにつなぐことなく“放置”したまま充電できるメリットの方を強く感じる人は少なくなさそうだ。

・電池残量20%で自動充電モードも

また、専用のアプリ(iOS、Android)には、便利な「20−80モード」が用意されている。これは、スマホの電池残量が20%になったら充電が始まり、80%になったら自動で充電ストップするというもの。

このサイクルの充電の仕方が、リチウムイオン電池の劣化を遅らせるのに最適なのだという。

ちなみに、トランスミッターは2900mAhのバッテリーも内蔵していて、この容量の範囲でコンセントにつながなくてもワイヤレス充電できる。

・今なら5000円で!

気になる値段だが、小売価格59ドル(約6000円)のところ、現在クラウドファンディングサイトIndiegogoでは49ドル(約5000円)の出資で入手できる。

日本へはプラス12ドル(約1200円)で発送してくれるので、スマホ充電シーンをすっきりとさせたい人は要チェックだ。出資はあと1カ月ほど受け付ける。

AirVolt/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP