ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カメラ片手にぶらりと散策♪函館元町おすすめスポット【北海道】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年3月に新幹線が開通し、今注目を集めている函館。その中でも函館元町は教会や洋風の邸宅、寺院や日本家屋が集まる趣のあるエリアです。

のんびりアフタヌーンティーを楽しめる函館市旧イギリス領事館や、国内で最も古い歴史を持つ教会堂など、異国情緒を感じられるスポットが多数。

そして、日本三大夜景の一つに数えられる函館山の夜景も必見!

魅力いっぱいの町を、カメラを片手に散策してみてはいかがですか?

函館市旧イギリス領事館【北海道函館市】

函館開港の歴史や文化を学びに。

アフタヌーンティーが楽しめるカフェや英国雑貨のショップも併設

ブロンズの噴水が印象的な中庭は入場無料

函館が国際貿易港として開港した1859年の開設。現在は、1934年まで領事館として75年間使用されてきた建物を復元し、開港記念館として一般公開している。函館市の有形文化財。 函館市旧イギリス領事館

TEL/0138-27-8159

住所/北海道函館市元町33-14

営業時間/9時~19時(11月~3月は~17時)

定休日/12月31日、2017年1月1日

料金/展示室入場料大人300円

「函館市旧イギリス領事館」の詳細はこちら

カトリック元町教会【北海道函館市】

高くそびえる大鐘楼が荘厳な趣。

横浜と長崎に建つカトリック教会と並んで、国内で最も古い歴史を持つ教会堂

最初の教会堂が創建されたのは1877年。現在のゴシック様式の建物は1924年に再建されたもので、聖堂にはローマ法王ベネディクト15世から贈られた祭壇がある。聖堂裏には高さ1.5mのマリア像を祀るルルドの洞窟も。 カトリック元町教会

TEL/0138-22-6877

住所/北海道函館市元町15-30

営業時間/10時~16時(日曜日は午前中休み)

定休日/12月30日~2017年1月5日、教会行事開催日

料金/拝観無料

「カトリック元町教会」の詳細はこちら

函館山ロープウェイ【北海道函館市】

絶景の山頂を目指して一直線。「眼下で瞬く、銀河のような夜景」。

山頂から見渡す函館の夜景は、地上の銀河のように幻想的な美しさ

ゴンドラからの眺望も格別。独特の地形が見る間に姿を現す

山麓駅から125人乗りの大型ゴンドラで約3分。山頂展望台で迎えるのは、世界的に有名な旅行ガイドブックの格付けで三つ星を獲得した「函館山からの眺望」。館内には絶景レストランも備わる。 函館山ロープウェイ

TEL/0138-23-3105(総合案内)

住所/北海道函館市元町19-7

営業時間/10時~22時(10月16日~2017年4月24日は~21時)

定休日/なし(10月16日~24日はロープウェイ運行のみ休業)

料金/ロープウェイ往復大人1280円

「函館山ロープウェイ」の詳細はこちら

茶房 菊泉【北海道函館市】

港を望む古民家喫茶でひと休み。

囲炉裏を囲む座敷席の他、港を眺めるテーブル席も人気。時間を忘れて長居したくなる空間だ

看板メニューのとうふ白玉パフェは、桜味や抹茶味などカラフルで小ぶりな白玉が目にもおいしい

1921年(大正10年)建築の酒問屋の別邸を再利用した喫茶店。店内には当時使われていた調度品などアンティークが飾られ、温かで心和む雰囲気。お気に入りの席を見つけて甘味休憩を。 茶房 菊泉(さぼう きくいずみ)

TEL/0138-22-0306

住所/北海道函館市元町14-5

営業時間/10時~17時

定休日/木曜日(祝日の場合は営業)

料金/とうふ白玉パフェ680円

「茶房 菊泉」の詳細はこちら

朝市食堂函館ぶっかけ【北海道函館市】

新鮮魚介が競演するぶっかけ丼。

自家製の無添加いくら醤油漬けが絶品。好物だけの丼を存分に楽しみたい

店内の生簀で泳ぐホタテやイカをその場で調理してもらうことも

函館朝市に店を構える水産会社の直営で、鮮度抜群、ボリューム満点の海鮮丼が種類豊富に揃っている。いくら、生うになど9種の具材から好みの3種が選べるお好み3色ぶっかけが人気。 朝市食堂函館ぶっかけ

TEL/0138-27-0841

住所/北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁

営業時間/7時~13時30分

定休日/不定

料金/お好み3色ぶっかけ(生うにあり)2160円

「朝市食堂函館ぶっかけ」の詳細はこちら

うに むらかみ函館本店【北海道函館市】

ふわりととろける生うにに舌鼓。

ミョウバン特有の渋みがない、自然な甘みと優しい口どけが美味。Sサイズ2592円もあり

落ち着いた雰囲気の店内。うにのお土産発送も可能だ

生うに加工会社が直営する、うに料理専門店。名物の生うに丼は、一般市場にはなかなか流通しないミョウバン不使用の無添加生うにを贅沢に80g使用。うに本来の甘みを堪能できる。 うに むらかみ函館本店

TEL/0138-26-8821

住所/北海道函館市大手町22-1

営業時間/8時30分~14時30分(LO14時)、17時~22時(LO21時)※11月~4月下旬の朝の部は9時~

定休日/水曜日、12月31日~2017年1月4日

料金/無添加生うに丼 レギュラーサイズ4320円

「うに むらかみ函館本店」の詳細はこちら

五稜郭タワー【北海道函館市】

五稜郭の星形と函館山を眺望。

展望2階から見下ろす紅葉の五稜郭。春は桜、冬は雪、夏は深緑に彩られる

五稜郭公園の入口に位置。避雷針までの高さは107mある

特別史跡、五稜郭の星形城郭のほぼ全景が望める観光タワー。展望台からは、函館市街や横津連峰の山並み、天気がよければ津軽海峡も見渡せる。五稜郭の歴史に関する展示や模型も。 五稜郭(ごりょうかく)タワー

TEL/0138-51-4785

住所/北海道函館市五稜郭町43-9

営業時間/8時~19時(10月21日~2017年4月20日は9時~18時、1月1日は6時~19時)

定休日/なし

料金/展望料金大人840円

「五稜郭タワー」の詳細はこちら

※この記事は2016年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

今年取材先で出会った絶景は?2014年ホントに美しかった風景【関東・東北】
楽器の「ヤマハ」がイルミに!?音と光のコラボは必見☆【静岡】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP