ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Apple Storeの袋が変わる!?60%がリサイクル古紙製のエコな“bag”が特許申請中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界のイノベーションの発信地シリコンバレーの中でも、ひときわ存在感を発揮しているApple。そのAppleが今年3月、米国特許商標庁に申請を出していた特許技術が、9月15日に公開された。

登録名はいたってシンプル、“bag”という入れ物のようだ。

特許申請のApple“bag”の内容を見てみると、全体図が図案化されており、コンテナ(容器)部分とハンドル部分があって、いわゆるカバンのような形状をしている。シンプルで好ましい見た目。

・60%以上が古紙でできている

一番の特徴は、この“bag”は少なくとも60%以上がリサイクルで回収された古紙でできている点。漂白した硫酸塩紙(サルフェート紙)が使われている。普通、これほど高い割合で古紙を使用すると、どうしても強度が弱くなってしまうが、特殊な“補強インサート”を導入することで強度の問題をクリア。

・環境に優しいバッグを量産できる

何せ60%以上が古紙でできているため、資源を有効利用できるし、燃やしたときに有毒なガスが発生する懸念もなくなる。Appleの技術で、将来、環境に配慮したエコなショッピングバッグを量産できるようになるかもしれない。

bag

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP