体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『ミーン・ガールズ』のマーク・ウォーターズ監督、ディズニー映画『Magic Camp(原題)』の監督へ

Mandatory Credit: Photo by Rob Latour/REX/Shutterstock (3545127al) Dina Waters and Mark Waters 'Vampire Academy: Blood Sisters' film premiere, Los Angeles, America - 04 Feb 2014

マーク・ウォーターズは、米ウォルト・ディズニー・カンパニーの映画『Magic Camp(原題)』の監督となる契約を締結した。スザンヌ・トッドがプロデュースする。

ストーリーは、夏のマジックキャンプに参加する、野心ある若いマジシャンを追う。そこで、彼の潜在的な才能が開花し、自身の勇気を取り戻すとともに、かつては天才児だったものの今は落ちぶれているキャンプの指導員を駆り立てる。

脚本の最新版はノア・ハープスターとミカ・フィッツァーマン=ブルーが手掛けた。基になったドラフトは、スティーヴ・マーティン、マット・スパイサー、マックス・ウィンクラーらが執筆している。

UTAと代理人契約を結んでいるウォーターズは、今年の感謝祭に米劇場公開される映画『Bad Santa 2(原題)』の監督を務めた。その他の作品には、映画『恋人はゴースト』、映画『スパイダーウィックの謎』などがある。

ウォーターズとディズニーの交渉はThe Tracking Boardが最初に報じた。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。