ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TGS After Partyレポート gumi國光氏のインタビューや外国人コスプレイヤーも参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京ゲームショウ2016(以下、TGS2016)のビジネスデイ初日の夜に、株式会社gumiは「TGS After Party」を開催しました。このパーティーでは、海外からTGSに参加したゲーム関連会社の人々も多く見受けられました。

TGS2016がVR関連のブースで盛り上がったように、パーティーには国内のVR開発者も多く、またTGS2016に来場していたパルマー・ラッキー氏もパーティーに顔を見せるなど、国内外のVR関係者による交流も行われました。

國光氏「VRならではの体験を最初に創り業界をリードするのはインディーゲームかもしれない」

パーティー前には、株式会社gumi代表取締役社長の國光宏尚氏とジャーナリストで株式会社よむネコ代表の新清氏士による共同インタビューも行われました。

國光氏は具体的な作品名などは避けつつも、今あるVRゲームの多くはこれまでにあったゲームをVRに持ち込んで立体視を楽しむといったものが大部分で、VRならではの体験を提供するコンテンツが、これからは大切になると話しました。そういったVRならではの体験を最初に創り出すのはインディーのゲームからの可能性もあるとし、スマホゲームの初期のように、決してハイクオリティーな作品でなくても業界をリードすることもあるだろうと考えを示しました。

新氏は、VRでゲームをしたいという声は強く、さらにカップルで一緒にVRを楽しみたいというニーズもあるのが面白いところだとしました。また現実とは違ったVRでしか表現できないリアリティというものがあり、それを分かった上で制作されたコンテンツと、そうでないコンテンツの差は明確になってきていると語りました。

コスプレイヤーやVR体験ブースも


「TGS After Party」はフリードリンク制で、参加者の多くはグラスを片手に持ち、会場にはDJによる音楽が流れるなどリラックスした雰囲気に。VRコンテンツの展示(『Rez Infinite』と『エニグマ・スフィア~透明球の謎』)やコスプレイヤーの撮影も行われ、TGS2016のアフターパーティーならではの光景も広がっていました。


会場にはコスプレイヤーやダンサーも参加して華やかな雰囲気に。


よむネコの『エニグマ・スフィア~透明球の謎』、2人同時プレイで協力するのが特徴。

Play Station VR向けタイトル『Rez Infinite』の展示も行われました。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP