体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

栃木県民なら知らぬ人はいない「レモン牛乳」の工場を見学してきた!

f:id:Meshi2_IB:20160726154423j:plain

みなさん「レモン牛乳」をご存じですか?

正式名称は「関東・栃木レモン」。栃木県民ならば誰もが知っている、いわば栃木県のソウル・ドリンクです!

埼玉出身の私は、恥ずかしながらその存在を長きに渡って知らずにおりました。が、先日プライベートで栃木観光をした際に開眼。甘くまったりとした、それでいて切なくどこか懐かしい味……。「こんなに美味しい飲み物が栃木にあったとは!

もちろん、お土産として大量購入して帰ったのは言うまでもありません。

地元に帰り、買ってきた「レモン牛乳」がどんどん消費されていくなか、もたげてきた胸に秘めた想い……。「レモン牛乳のことをもっと知りたい! そうだ、作っている会社に取材しに行けばいいんだ!」非常に安直な発案でしたが、東武鉄道にガタンゴトン揺られて行って参りましたよ、栃木駅にある栃木乳業まで!

f:id:Meshi2_IB:20160726154421j:plain

栃木駅から歩いて15分ほどの場所にある、栃木乳業本社。工場も併設された「総括事務及工場」となっています。

f:id:Meshi2_IB:20160726154430j:plain

今回の取材は、常務取締役である浅野さんに受けていただけることになりました。温かく出迎えていただきましたよ。ありがというございます! さっそく、事務所でインタビューをさせてもらうことに。

f:id:Meshi2_IB:20160726154426j:plain

──栃木県民のソウルフード「レモン牛乳」。ぜひ、その歴史について詳しく教えてください! 何年前から販売されているものなのですか?

浅野さん申し訳ありません、実はハッキリとしたことはわからないのです。

──ふぁっ!? え……こちら、発売元ですよね……?

浅野さんそもそも、「レモン牛乳」は宇都宮市にあった「関東牛乳」という会社が、第二次世界大戦後まもなく開発・販売を始めた飲み物です。当時まだ甘いものが普及していなかった時代から60年以上、栃木の老若男女に愛されてきました。ところが…….。
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。