体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BLTサンドとは、「ベーコンで味付けされたトマト」を味わうサンドイッチである

BLTサンドとは、「ベーコンで味付けされたトマト」を味わうサンドイッチである

BLTサンドとは、ベーコンで味付けされたトマトを味わうサンドイッチである。

目にしたとたん、全身に鳥肌が走った。この一節は、ニッチな自身のBLTサンドイッチに対する偏愛ぶりをフード情報サイト「Serious Eats」に書きつづった、文筆家で料理研究家のJ. Kenji López-Alt氏の言葉。

当然ながら届く人にしか届かない。それでも、最後まで(本文は15,000文字の大作)読破した者の一人として伝えなければならない。この記事は、BLTサンドをもっとも美味しく食べるための世界で最初のマニフェストだ

 目を向けるべきは、
ベーコンではなくトマトである

BLTサンドとは、「ベーコンで味付けされたトマト」を味わうサンドイッチである

初めて最高に美味しトマトを食べたのは22歳。このとき初めて本当の意味でのBLTの魅力を私は理解した。それまでサンドイッチやサラダに入るそれを許す事が出来なかったというのに。

この衝撃をもっと具体的に説明するなら、BLTは味付きベーコンのサンドイッチではなく、トマトが主役のサンドイッチであり、その味付けにベーコンはある。これが礎となって、他の具材が存在する訳だ。

目を向けるべきは、ベーコンではなくトマトだということを見誤ってはいけない。BLTの世界に多数決も話し合いも存在しない。まさに独裁主義としか呼べない世界。その最高位に君臨しているものこそトマトなのだ。

最高のカプレーゼを料理するのと同じように、極上のBLTをつくることはじつに簡単。最旬のトマトを手に入れ、それをスライスしたらベーコン、レタス、マヨネーズとともにおいしく焼いたパンではさむ。これだけ。

パサパサで季節外れのトマトを使うなんて許されざる罪ということだけは覚えておいて欲しい。

 ルールその01:
トマトの旬を知り
最高のものをかぎ分けろ

BLTサンドとは、「ベーコンで味付けされたトマト」を味わうサンドイッチである

BLTには旬がある。長い夏が終わりに近づき少しずつ陽が短くなり始めた8月下旬から9月にかけてトマトが市場に出回るころに旬を迎える(もちろん、自分の庭で収穫するのだっていい)。

他のどんな野菜や果物よりも、季節によって左右されるのがじつはトマトだ。季節外れのそれは暖かいビニールハウスで育てられ、成熟する前に収穫されたもので、エチレンガス(実を成熟させるため植物が自然に出すガスのこと)にあてられ陳列棚へと向かう。

だが、本当にうまいトマトとは収穫前に成熟し、その味や甘みを果肉内に蓄えているもののことを指す。どっしりとして水風船のようにふっくらしたものをチョイスしよう。大きさの割に軽いものほど中はスカスカ。

BLTにおいて大切なトマトとは、サンドイッチをかじった際に腕にしたたるほどのジューシーなものをいう。

 ルールその02:
ひとつまみの塩が
トマトにうまみを与える

BLTサンドとは、「ベーコンで味付けされたトマト」を味わうサンドイッチである

こんな実験をしてみて欲しい。最良のトマトに出会えたら、それをまずは半分に切り分け食べてみる。どんなに甘く、香り豊かで、ジューシーなのかをメモしておく。次は、残りの半分に粗挽きの塩をひとつまみ。単にしょっぱくなるだけでなく、より甘く、香り高く、ジューシーになったはずだ。

1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。