ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

そんなに便利なら、もう「バナナの皮」を捨てられなくなるかも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「バナナの皮は、捨てずに活用しましょう」と語るのは「Little Things」のエディター、Phil Mutz氏。多くの使い道があるので、ぜひ参考までに。

01.
虫刺されに効く

虫刺されがかゆくて気になって、何にも集中できない…。そうなるとせっかくの屋外でのレジャーも台無しになってしまいますよね。かといって「かゆみ止め」を常備しているとも限りません。 刺された場所にバナナの皮を当てて、優しくこすってみましょう。「StyleCraze」によれば、かゆみが和らげる効果があるといいます。

02.
お通じが良くなる

なんだかお腹の調子がイマイチ。そんなときはやっぱり、食物繊維。実はバナナの皮は食物繊維がとっても豊富なんです。スプーンを使って、内側に残っている繊維をすくいましょう。便秘気味の人はぜひ試してみてください。

03.
歯のホワイトニング

コーヒーや紅茶をよく飲む人は、歯に色がつきやすいので注意が必要です。

そこで役立つのがバナナの皮。内側の白い部分で歯をこすってみましょう。繊維が、歯の表面の着色を落としてくれる効果があります。2週間ほど続けるといいでしょう。

 04.
シワの予防

シワは、体内に取り入れた酸素の一部が活性酸素となり、細胞を傷つけてしまうことで発生しやすくなると言われています。

バナナの皮には、この活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があるため、アンチエイジングにも期待できます。ケアの方法は簡単です。気になるところを皮でこすって、30分ほど置いておくだけ。すぐに洗い流してしまわないのがポイントです。

 05.
トリプトファンの効果で
よく眠れる

「眠れない夜はホットミルクを飲むといい」ってよく言いますよね。それは、ミルクには安眠効果がある「トリプトファン」がたくさん入っているから。

OMTIMES」によれば、トリプトファンはバナナの皮にもたくさん入っているそうですよ。

 06.
白内障のリスクを低減

年をとると、かかりやすい病気のひとつが「白内障」。これは目の水晶体が濁り、見えにくくなってしまう病気です。ただ、現代医学でも薬で治療する方法が確立されておらず、基本的には手術でしか治せません。

しかし「Livestrong.com」によると、バナナの皮に含まれているルテインは、紫外線によるダメージから目を守ってくれるそうです。結果的に白内障や黄斑変性症のリスク低減が期待できるようです。

 07.
コレステロールの低下に期待

医師からコレステロール値を指摘されている人には、バナナの皮が効果的かもしれません。「OMTIMES」によると、皮に含まれた豊富な食物繊維が、余分なコレステロールの分解を手助けし、体外への排出を促してくれるそうです。

 08.
イボの治療ができる?

イボの除去には、病院での切除や、−200℃の液体窒素をかけたりと、とにかく痛そうな施術がたくさんあります。

Native Americans News」では、伝統的な治療法として、バナナの皮をイボに貼る方法が紹介されています。 

 09.
セロトニンの効果で
気分を改善

どうも最近カラダが重い、やる気が出ない…。そんな風に感じるあなたは、ひょっとしたらセロトニンが不足しているのかもしれません。セロトニンは安心やリラックスをつかさどる脳内物質のこと。

バナナの皮には、セロトニンの分泌を促すアミノ酸がたくさん含まれています。Licensed material used with permission by Little Things

関連記事リンク(外部サイト)

バナナの皮、意外すぎる10の使い道。歯が真っ白になる!?
バナナの皮で「歯が白くなる」!?自宅でできる簡単ホワイトニング法
恐るべき「バナナ」のチカラ【20選】万能すぎて信じるのがこわい・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP