ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【世界の機内食】LOTポーランド航空の機内食が何度食べても美味しい件 / クリームチーズクレープが絶品

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国際線を利用するとき、なんだかんだ言って楽しみなのが機内食。ポーランドと成田をつなぐLOTポーランド航空(LOT Polish Airlines)の気になるメニューは?

・「和」がちらつく洋食ディナーから
以前もご紹介したLOTポーランド航空の機内食(エコノミークラス)。今回の搭乗ではまた以前とはずいぶん異なるメニューを2度楽しめた。提供されたままの夕食、朝食の順に紹介しよう。

洋食と日本食の2種から選べる機内食の夕食は「蒸しサーモン、マッシュポテト、ほうれん草、にんじん、リーキ」「日本風のチキンと野菜のフリカッセ、ご飯、しいたけ」で、ここは洋食を選ぶ。

ふっくらした鮭の身にジェノバソースをかけたメインは、前回たびたび出てきた香草使用のメニューが再登場。メイン以上に注目したのが副菜だ。たくあんと枝豆と玉子焼き、サラダには海苔が数枚と和テイストである。パンに添えられたバターはポーランドブランド。デザートはひと口サイズのオレンジムースのケーキだった。





・朝食のクレープは人気のあまり品切れ
到着1時間すこし前になると、朝食の時間。「クリームチーズクレープ、バニラソース」「日本風のうどん、チキン、野菜、醤油」の2種だが、洋風は品切れとのことで後者をチョイス。“日本風のうどん”とはいったいどんなものだろうか。

玉葱と人参が目立つうどんだが、底にちゃんとチキンが入っていた。かなりの細麺でビーフンのようなうどんは、いつか給食で食べたような素朴な味わい。筆者には薄味だったので、カトラリーと共に入っていた胡椒をかけるとちょうどいい塩梅に。

玉子サラダつきの野菜とパイン、すいか、メロンのフルーツがサイドメニュー。旅を終えて食疲れしている人には、これくらいのシンプルさがちょうどいいのかもしれない。ごちそうさまでした。




もっと詳しく読む: LOTポーランド航空の機内食が何度食べても美味しい件(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/09/19/porlandair-gourmet-part2/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP