体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「知識は実践されないと価値がない」。決断に迷ったときに読みたい11の名言

「知識は実践されないと価値がない」。決断に迷ったときに読みたい11の名言

生きている以上、「悩み」から逃れることはできないと思います。でも、ひとつひとつに早く決断を下すことは、訓練次第で誰だってできるようになります。

ここでは、その手助けをしてくれるような言葉を、経営コンサルタントである木村進さんの著書『頭がよくなる名言100』から紹介します。

01.
知識は、実践されないと価値がない。

(アントン・チェーホフ/ロシアの劇作家)「知識は実践されないと価値がない」。決断に迷ったときに読みたい11の名言

日本人ほどの本好きはいない。

私は本を読むこと自体が、世の中のためになることであるという説をとる。その真意は、国民の間に本の知識が広まることが社会の底力になるし、出版事業の活性化につながり、国家の隆盛にも大きな影響を与えるからだ。

ただそこには、その本の知識を活かしてくれる人たちの存在が必要となるので、厳密に言うと、知識は実践されなくては価値がないというチェーホフの言葉は間違いないと思っている。西田幾多郎の哲学でも「知ることは愛することである」とある。つまり実践してはじめて、本当の知識であることを説いている。

02.
成功の第一の秘訣は、情熱にある。

(ウォルター・クライスラー/アメリカの実業家)「知識は実践されないと価値がない」。決断に迷ったときに読みたい11の名言

これが真実であることは、古今東西の偉人と呼ばれる人たちの生き方を見ると、すぐわかる。偉人とまでは言わなくても、私たちがある目標を達しようと思えば、心の中に「情熱」を起こさずして何も成せない、ということは言うまでもないだろう。

03.
望まれるのは才能ではなく強い決意だ。すなわち能力ではなく、仕事を達成しようという意欲である。仕事達成への確かな努力を継続した人が、天才と呼ばれる人になるのだ。

(エドワード・ブルワー=リットン/イギリスの作家)

天才はつくられるものである。

ただ才能があるだけでは、まったくその分野で一流になることもできない。ましてや天才と呼ばれるほどの人をよく見ると、必ずそこには確かな、そして継続した努力が認められる。

例えば、日本のプロ野球で天才と呼ばれた長嶋茂雄、王貞治、イチローなどを見ると、一見才能溢れた人のように見える。しかし本質はそこではなく、確かな、そして継続した努力にあった。才能だけでは、草野球の4番バッターでしかなかったろう。

04.
人生における最大の失敗とは、
失敗を恐れ続けることだ。

(エルバート・ハバード/アメリカの著述家)「知識は実践されないと価値がない」。決断に迷ったときに読みたい11の名言

「失敗を恐れる」ということは、何も挑戦しないことだ。人の批判を受け、あるいはつらい思いをしなければならなくなるのを回避したい、という考えからそうなる。

気持ちはわかるが、これではあなたの人生がとてももったいないことになるのではないか。たとえ失敗することがあっても、なぜ失敗したか分析し、次はそこに気をつけて再び挑戦すればいい。

それでも失敗したら?もう一度、工夫して挑戦すればいいだけだ。

05.
人生で最も輝かしい瞬間とは、いわゆる成功のときではない。それはむしろ失意と絶望の中で、人生への挑戦と将来への展望がわき起こるのを感じたときのことだ。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会