ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美女に囲まれる幸せ TGS2016のコンパニオンを360度カメラで撮影してきた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、360度全天周の撮影は、ますます便利に、簡単になってきています。

枠に切り取るのでなく、世界そのものを丸ごとおさめてしまう360度撮影。「どのように撮ると良いのか」、という知見はまだまだ少なく、ポーズや立ち位置など、写真の撮り方から考える楽しさもあります。

Mogura VRではこれまで、各種イベントやハロウィンなど、舞台を変えて全天周写真を撮影する企画を行ってきました。

(関連記事)
360度カメラでどう撮る?冬の雪山でRICOH THETA S を使った全天球撮影に挑戦
360度カメラでどう撮る?東京ゲームショウでコンパニオンの皆さんに全天周で自撮り撮影をしてもらった
渋谷ハロウィン2015の仮装を360度カメラ『RICOH THETA S』で自撮り撮影してもらった

今回の舞台は、9月15日から18日まで幕張メッセにて開催中の「東京ゲームショウ 2016」。新作ゲームからVRまで、魅力的なコンテンツや大規模展示に溢れています。しかしゲームだけでなく、会場を彩るコンパニオンの皆さんも、毎年会場に華を添えて賑わせています。

今回は昨年のTGSに引き続き、各ブースのコンパニオンの皆さんに、全天球カメラを使った自分撮りをしていただきました。カメラマンが写ってしまうため、一脚の先端にカメラを装着し、自身で持ってもらった撮影を行ったものになります。

※なお本記事中の360度写真は見渡すことができます。PCで見る際は、写真をドラッグすることで、スマートフォンで見る際は写真に指を滑らせることで、見回すことができます。

※Google CardboardなどのスマホVRデバイスを持っている人は、写真をタップすると自動的にVRモードで起動し、より没入感のある体験が可能です。

※スマートニュースなどの外部配信でご覧になっている方は、360度写真を見ることができませんので、こちらよりGoogle Chrome等のブラウザでご覧ください


最初にコナミブースでは、四人のコンパニオンさんに、360度写真王道ともいえる円陣をお願いしました。

InstavrViewer.embed(‘jBiRaIF8J5dv3QiMIKRoiAqKyh2oZx’, { container_id: ‘instavr_container1′ });


完美世界ブースのコスプレコンパニオンさん。装備を構えてポーズを取ってもらいました。

InstavrViewer.embed(‘jBiRaIF8J5IfCqDp7iUQHtV37GMdaZ’, { container_id: ‘instavr_container2′ });


Xperiaブースでは初音ミクの立て看板と三人仲良く撮影!あえてカメラ目線を外して、ミクさんの方を見つめてもらいました。

InstavrViewer.embed(‘jBiRaIF8J5MHzS485Jo172Grn0kWPB’, { container_id: ‘instavr_container3′ });


6wavesブースではステージを用意しての大々的な撮影会を行っていました。ステージに立っているコンパニオンさんにカメラを持ってもらい、通常カメラマンは入れない位置から撮影!

InstavrViewer.embed(‘jBiRaIF8J5KiWO3p8JHlbIiWV11AGq’, { container_id: ‘instavr_container4′ });


KUMORA GAMESブースには可愛い妖精さんがいました。人間の言葉が分からない妖精さんだったので何も言わずにカメラをそっと持たせ、売り子のお姉さんと向き合う形で自然体の撮影。撮った写真を見せたら「ヴィーアーール(VR)!」と言っていました。

InstavrViewer.embed(‘jBiRaIF8J5PQK0Y9COnGHFrvv6Jl0D’, { container_id: ‘instavr_container5′ });

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP