ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

会計前に食べてもOK⁉︎ アメリカのスーパーで体験した衝撃エピソード

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外旅行のお楽しみといえば、お買い物。数あるお店の中で、スーパーマーケットは現地でしか買えない物、お土産、食料品などお世話になる機会が多いスポットでないでしょうか?

ただ同じスーパーマーケットなのに日本ではありえないことや、不思議なことが沢山あるのも事実です。今回は日本とは異なる、アメリカのスーパーマーケットで体験したビックリをお伝えします。

 

接客が無愛想で雑っぽい

photo by  Nick.Allen

日本人だったら間違いなく感じると思います。サービス業なのに、なんでこんなに接客が無愛想で雑なんだと。とりあえずレジで品物を通して、袋に入れればいいと思っている感じです。

一応最初に「調子どう?」的なことを聞いてきますが、とりあえず聞けばいいでしょというのがバレバレ。せっかく会話するんだったら、イヤイヤな気持ちをもうちょっと隠してほしいです。1度レジ打ちの途中で、携帯を見て軽く笑ってる時もありました。

 

アメリカでサービス業で勤務していた時に、ひどい接客とはどんな接客かと質問されました。同僚のアメリカ人が、世界最大のスーパーマーケットチェーン店「ウォルマート」の名をあげていました。

そして、その場にいたアメリカ人の同僚全員が頷いたのです。どうやらアメリカ人でも、スーパーマーケットの接客対応には不満があるようでした。

 

会計前に食べる、飲む

photo by Bruce Tuten

これは衝撃。レジでお金を払う前に、飲み物を飲み干しちゃいます。そして、空の容器を店員に渡してお金を払ってバイバイ。初めて見た時は頭が混乱しました。今、何が起こったのかと。

店員も何も言わないのでビックリしたのを思い出します。ただ、もうこの光景見慣れました。何故か?みんな結構やってるからです。レジ待ちの列が長い時は、多くの人がやっています。

 

映画「ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で」の中でも、メグ・ライアンがキャンディーバーというお菓子を会計前に食べていました。このようにアメリカではかなりありふれた光景のようです。

そして実は僕も2、3回やってしまいました。その時はアメリカに染まってしまったのかもしれません。

 

レジでお金を払わないで逆にお金をもらう

photo by frankieleon

これまた、初めて見た時は謎でした。買い物をしてお金を払わないで、お金をもらう?どういうシステムなのかと。

てっきりレシートに当たりクジのようなものが付いていて、当たった人がお金をもらっているのかと思っていました。しかし3人連続でお金をもらっているのを見て、クジではないなと思い…しばらく気付かなかったのですが、それは「キャッシュバック」というものでした。

 

銀行のキャッシュカードに付いているデビットカードで支払いをする時に、キャッシュバックというものを選び、金額を指定するとその金額分レジからもらえます。

もちろんプレゼントではなく、自分の銀行口座から引かれるシステム。レシートをみると、買い物をした金額ともらったお金の合計を払ったことになっています。

 

アメリカに約1年間滞在した時は、このキャッシュバックを使っていたので、ATMで現金を下したことは2、3回しかなかった気がします。キャッシュバックは買い物したついでに、少し現金が必要な時には大変便利なシステムです。

 

お金を払った後に聞かれる馴染みのない言葉

photo by  Veronique Debord

これもレジ付近での出来事。レジでお金を払った後に言われる言葉です。初めてアメリカのスーパーマーケットに行った時は、何を聞かれているかわかりませんでした。突然聞いてくるし、喋るの早いし。とりあえず笑ってごまかしていました。

しばらくすると聞き取れるようになりました。「ペーパー or プラスティク」と言っていることがわかりました。でも、紙かプラスティック?突然そんな話聞かれても意味がわからないので、とりあえずイエスと言っていました。

 

そして、ついに理解できる時が!実はすごく単純なことでした。買い物袋は紙袋がいいのか、それともプラスティックの袋がいいのか、そんな簡単なことを聞いていたのです。日本だとプラスティックの袋しか見たことがなかったので、全く気付きませんでした。

ちなみに「ペーパー or プラスティク」の質問にとりあえずイエスと言っていた時は、ほぼ紙袋だった気がします。

 

深夜12時にレジ待ちで1時間

photo by JeepersMedia

ウォルマートで何度か体験しました。深夜に買い物に行くとよく起こります。まずレジ打ちがすごくやる気がないので遅い。お客も買う量が半端ない。だから、次々と人が並んでいく。

そして、12時頃はどうやらレジ交代の時間のようです。レジ交代もトロトロやっています。20〜30人ぐらい並んでいても焦る様子全くなし。新しく交代したレジ担当の人も何も無かったかのように、適当にゆっくりとレジ打ちを始めます。

 

このことを忘れて深夜にウォルマートに行って、レジ待ちの列を見ると絶望感に襲われます。あー、やってしまったなと。で、1時間待ってクタクタになって帰宅します。

 

スタバ、マック、サブウェイなどが併設されてる

photo by Random Retail

スーパーマーケット内にスタバ、マック、サブウェイなどが併設されています。買い物したついでにディナーも買えるので、かなり便利です。

便利なのでとりあえず立ち寄ってみると、結局コーヒーやハンバーガーを買ってしまうことに。無駄使いが増えて、お金は減るし、太るし、良いこと無しです。でもこれがやめられない。

 

以前は住んでいたアパートの近くに、ターゲットという有名なスーパーマーケットチェーン店がありました。そこに買い物に行くと、併設されているパンダエキスプレスという中華のチェーン店でよく食べていました。

日本にも、スタバが併設されているスーパーマーケットが出来たらいいなと思い続けています。

 

まとめ

アメリカと日本のスーパーマーケット事情はだいぶ違います。アメリカは便利なこともありますが、サービスの面においては日本の方が断然上かなという感想です。

みなさんもアメリカに行った際には是非スーパーマーケットで買い物をしてみてください。アメリカ人の実際のライフスタイルを垣間見ることができますよ。

関連記事リンク(外部サイト)

世界制覇しよう!海外旅行先で集めたい10種類のお土産
おしゃれすぎてイチコロ!旅好き男子へのプレゼントは「TUNDRA」の伝統織物ネクタイで決まり!
激安バーゲン「ブラックフライデー」に参加レポート
旅がコンセプトのショップ、中目黒の「BEST PACKING STORE」が超おしゃれ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP