ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キューバの演歌 ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜21時からの番組「American Airlines MUSIC FLIGHT」(ナビゲーター:サッシャ)。9月17日のオンエアでは、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」の魅力を、ワールドミュージック専門誌『LATINA』編集部の坂本悠さんに紹介していただきました。

そもそも、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブとは、キューバの老ミュージシャンらで結成されたバンド。1997年にアルバムを発表し、1999年にドキュメンタリー映画が公開されたことで、世界から注目されました。

“ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ”は、1920年代にハバナに実在した会員制音楽クラブの店名だそうです。1997年に発表したアルバムの収録に参加したミュージシャンの多くが、ここの会員だったからことから、そのままアルバムにも名前を採用したとか。アルバムに参加しているアーティストの中で、最年長でリーダーのコンパイ・セグンドはなんと当時92歳! まさに大人のバンドですね。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブは、当初は西アフリカ・マリのミュージシャンとキューバのミュージシャンが、アメリカのギタリストであるライ・クーダーのプロデュースで共演するという企画だったそうです。しかし、西アフリカのミュージシャンたちがトラブルにより収録に来れなくなってしまい、急遽ミュージシャンを集め、レコーディングしたのがブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブだったそうです!

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの音楽は、ラテン音楽の中では「ソン」というジャンルに分類され、これは日本でいうと「演歌」に相当するのだとか。大人の魅力溢れるサウンドではあるのですが、若いアーティストたちの楽曲にも取り入れられているそうです。一体どんな音楽なのか、聴いてみたくなりますね。

2015年にはニューアルバム「LOST & FOUND」がリリースされました。これは当時収録されなかった楽曲が入ったアルバムで、聴き応えたっぷりだそうです。何年経っても愛されるキューバの大人の音楽、秋の夜にいかがですか?

【関連サイト】
「American Airlines MUSIC FLIGHT」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/musicflight/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP