体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【行き方ルポ】絶景「プレーケストーレン」はたどり着くまで死ぬほどキツイ

実はたどり着くまで死ぬほどキツイ、ノルウェーの絶景「プレーケストーレン」
「死ぬまでに行きたい世界の絶景」にたびたび紹介される、断崖絶壁プレーケストーレン。水面から約600mの巨大な岩から眺める景色は圧巻で、ノルウェー屈指の人気スポットでもあります。

しかし実はこの絶景にたどり着くには数々の試練が待っていて、相当な体力も必要。今回は筆者が体験した、絶景までの苦しかった山道をご紹介したいと思います。

絶景までの数々の試練

実はたどり着くまで死ぬほどキツイ、ノルウェーの絶景「プレーケストーレン」
プレーケストーレンの玄関口となる街、スタヴァンゲルからフェリーやバスを乗り継いで登山口に到着。最初の山道は平らで「意外と余裕だな」と思ったのですが、これが全くの誤算でした・・・。

実はたどり着くまで死ぬほどキツイ、ノルウェーの絶景「プレーケストーレン」
少し進むと坂は急になってきて、岩がゴロゴロとした険しい斜面に。日頃運動不足の筆者は、全神経を集中させるほどこの岩道と格闘しました。

実はたどり着くまで死ぬほどキツイ、ノルウェーの絶景「プレーケストーレン」
ぬかるんだ泥道も。足元が滑りやすくかなりヒヤヒヤ。

■あわせて読みたい
【ノルウェーのパスポートが超話題】北欧諸国の素敵すぎるパスポートを公開!

【ノルウェーのパスポートが超話題】北欧諸国の素敵すぎるパスポートを公開!


立つことができるか?ノルウェーの「崖っぷち」絶景スポット4つ
アナ雪のモデルとなったフィヨルドも。北欧らしいお洒落な都市スタヴァンゲル

実はたどり着くまで死ぬほどキツイ、ノルウェーの絶景「プレーケストーレン」
プレーケストーレンまではほぼ9割が険しい山道でしたが、平らな道も少しだけありました。登る前は全てがこんな道だと勝手に思い込んでいたのですが、なんという甘い考えだったのでしょう・・・。

実はたどり着くまで死ぬほどキツイ、ノルウェーの絶景「プレーケストーレン」
そしてまた岩道。滑りやすい岩も多く、恐怖心から一歩一歩進むのにえらい時間がかかってしまいました。

実はたどり着くまで死ぬほどキツイ、ノルウェーの絶景「プレーケストーレン」
上から見るとかなりの斜面。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。