ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダイエットも「シェア」する時代

DATE:
  • ガジェット通信を≫

絶対やせる新メソッド、と注目されては消えていく泡沫のようなダイエット法。結局のところ、成功しなければ(ないしは途中で諦めていては)どれも「自分には合わなかった」という言い訳が待っているだけ。

もちろん最後は自分の意志だけど、彼女のメソッドはなかなかに核心をついていた!

 食事制限もハードな運動もなし
19ヶ月、ヘルシーに40キロ減

写真左は、英マンチェスターに暮らすKerry Swiftさん(27)の19ヶ月前の姿。洋服のサイズは22だったという。そして、現在の彼女(サイズは8までダウン)が写真右。

聞けば血のにじむような努力も、過剰なエクササイズで汗を流すこともなかったそう。なんて言われたらますます気になる。40キロ近い体重がいとも簡単に落ちた理由がInstagramにあった。

 食べたものすべてを
インスタにアップする

Kerryさんのダイエット法は、自分が食べたものすべてを写真に撮り、毎日欠かさずInstagramに投稿する方法。昨年ごろより日本でも新たなメソッドとして、注目の「インスラグラムダイエット」だ。

こう聞いて思い出すのは、ちょうど10年前に登場した「レコーディングダイエット」か。食事内容とそのエネルギー量を文字に起こして記録することで、食事量や余分な間食を自覚し、見直していこうというもの。

では、それをインスタでやろうとしたら。誰に言われなくても寝る前に歯を磨き、靴を左足から(もしくは右からでも)履くように、日常でSNSを開いたり、食事に手をつける前にカメラ撮影が習慣化している。現代はそんな時代だ。

多くのユーザーがそうするように、Kerryさんにとって自分が口にするものを毎回撮影してインスタにアップすることは、生活に根付いた習慣だった。

Kerry Swiftさん(@swkerry23)が投稿した写真 – 2016 5月 14 12:47午前 PDT

Kerry Swiftさん(@swkerry23)が投稿した写真 – 2016 8月 2 5:23午前 PDT

Kerry Swiftさん(@swkerry23)が投稿した写真 – 2016 7月 20 11:54午前 PDT

Kerry Swiftさん(@swkerry23)が投稿した写真 – 2016 7月 1 10:58午前 PDT

Kerry Swiftさん(@swkerry23)が投稿した写真 – 2016 6月 18 12:15午前 PDT

Kerry Swiftさん(@swkerry23)が投稿した写真 – 2016 6月 15 11:20午前 PDT

Kerry Swiftさん(@swkerry23)が投稿した写真 – 2016 6月 10 1:42午前 PDT

Kerry Swiftさん(@swkerry23)が投稿した写真 – 2016 5月 30 12:04午後 PDT

Kerry Swiftさん(@swkerry23)が投稿した写真 – 2016 6月 2 11:43午前 PDT

Kerry Swiftさん(@swkerry23)が投稿した写真 – 2016 6月 2 12:43午前 PDT

Kerry Swiftさん(@swkerry23)が投稿した写真 – 2016 6月 7 12:14午後 PDT

ダイエットもシェアする時代

ところで彼女も参加していた「Slimming world」は、今話題のSNS上でダイエットをシェアするコミュニティ。「一人ではつらい」、「モチベーションが続かない」という人たちが、お互いにがんばりをシェアし、応援し合うことでダイエットを成功させようというもの。

みんなが見てくれている(もしかしたら見られている)、その意識がやる気と継続力を引き出す。一人でノートに書き記すよりも、よっぽど成功に近づけるんじゃないだろうか。

現に、スーパーのお惣菜やテイクアウトが中心だったKerryさんの食生活は、シェアを始めてから自炊中心に変わった。

意志の他にもうひとつ、“キッカケ”もダイエット成就のための重要なモチベーションだ。ちなみに彼女の場合は、息子Oliverくんの洗礼式で撮影した家族写真に映る自分の姿だったそう。

では、あなたのキッカケとなるものは何だろう?Licensed material used with permission by Kerry Geary

関連記事リンク(外部サイト)

トマトダイエット。生食より加工食品が良いのはどうして?
お茶はダイエットに効くって本当?ウソ?
ダイエット&健康に! 話題の「へそ美容」自宅向けテク

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP