体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MUCC、シングル「CLASSIC」リリースイベントで全てのファンを“許します”!?

本州への台風の接近も見受けられ、天候も危ぶまれた9月17日(土)に、MUCCが9月14日に発売したニューシングル「CLASSIC」のリリース記念イベントを東京 タワーレコード渋谷店 B1F CUT UP STUDIOにて行なった。
9月17日(土)@東京 タワーレコード渋谷店 B1F CUT UP STUDIO (okmusic UP's)
今回のイベントは表題曲「CLASSIC」がオープニングテーマとなったTVアニメ『七つの大罪 聖戦の予兆(しるし)』にかけて「七つの断罪 ~あなたの罪、許します~」というタイトルにて行なわれた。

前作「ハイデ」では、リリースの”延期”に対するメンバーからファンへの”謝罪”という趣旨の元にリリース記念イベントが行なわれたが、今回のイベントは”断罪”という言葉からも分かる通り、前回とは正反対にイベント参加者が、神父に扮したメンバーに日ごろの行ないで悔いている事を”懺悔”し、それをメンバーが許す事で「免罪符」が貰える、というもの。更に、アニメにかけてこの貰える免罪符は全7種類、そしてイベントの回数も全7回、とし、イベントのディテールにもMUCCお得意のユーモアがしっかりと入れこまれた内容となった。

8月27日(土)の福岡を皮切りに、9月4日(日)大阪、9月10日(土)名古屋、そして9月17日(土)の東京の4都市7回に及び行なわれた今回のイベント。屋内の会場もあれば、屋外の会場もあったりと様々な環境下で行なわれたが、そんな事が関係無い程、各地たくさんのファンが押し掛けた。

最終日である東京の会場は渋谷タワーレコードの地下にある「CUT UP STUDIO」。イベントが始まる直前には会場はトークを聞く事の出来る優先券をゲットした参加者でパンパンになり、更には優先券が貰えなかった場合でもイベントには参加出来るという事で、イベントに参加すべく数多くの参加者が階段に列をなした。

優先券をゲット出来たラッキーな参加者が待つ中、スタートの時間になりいよいよイベントはスタート。まずはメンバーによるトークが行なわれ、今回のイベントを各地やってきての感想や、今回のシングル表題曲「CLASSIC」がYUKKEが手掛ける初の表題曲という事もあり、YUKKE自身から今回の楽曲に込めた想いなどが語られ、雑誌などで目にするものとはまた違った、ここでしか聞けない裏話などが披露された。そして、今回のイベントに来てくれた参加者から募った質問に”ガチ”で答える「出張JACK IN THE BOX」も実施。マネージャーもNOチェックの質問内容にも、ものともせず答えるメンバーが印象的だった。

そんなトークが終わるといよいよ今回のメインイベント”断罪”がスタート。メンバー4人が各ブースで座って待ちうける中、参加者はメンバー1人ずつに懺悔をする。それは未だかつてない光景が広がっていたのだが、そんな参加者の懺悔をしっかりと聞き、最後には笑顔で「許します。」と全てを包み込むメンバーの姿はもちろんの事、懺悔を許された参加者が皆、満足した表情で会場を後にしている姿によって、今回のイベントの充実度が計れたような気がした。

東京は第1部が15:00~の約2時間、そして18:00~の約3時間、計5時間の懺悔会となり、この日の参加者はトータルで約2000人。各地の会場での参加者の人数を合わせると、計4000人もの人が今回のイベントに参加した事となる。MUCCが行なうイベントは毎回、嗜好を凝らしたものが多い。しかし、そんなMUCC史上においても、ここまで新しい試みは初めてだったのではないか。そして今回の試みはしっかりとファンの心にも刻まれたのではなかろうか。これからもMUCCの音楽、ライヴはもちろんの事、様々なチャレンジングなイベントにも期待していきたい。

そんなMUCCだが「CLASSIC」TV-CMの第3弾もYouTubeにて解禁された。今回の「CLASSIC」TV-CM 第3弾でも第1弾、第2弾に引き続き、TVアニメ『七つの大罪』でメリオダスの声を務める梶 裕貴がナレーションを担当。アニメもラストを迎えたばかりだが、主人公メリオダスの力強い言葉が印象的なSPOTとなっている。

シングル「CLASSIC」TV-CM【ver.3】
https://youtu.be/2mnudSGNiMU

シングル「CLASSIC」
2016年9月14日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。