体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

駐車場が小さい、だけど5ナンバーでは欲しい車が見つからない方に贈る、「3ナンバーだけど全幅1750mmに収まる車たち」

▲写真は筆者が利用していた駐車場。機械式で横幅は1750mmまでと小ぶりで、車探しの際にもその幅が条件の一つとなっていました

▲写真は筆者が利用していた駐車場。機械式で横幅は1750mmまでと小ぶりで、車探しの際にもその幅が条件のひとつとなっていました

車幅は気になるけれど、探すのは意外に面倒

みなさん、車選びの際にどうしてもクリアしなくてはいけない条件はありますか?「予算はどうしても○○万円以下」「AT限定免許の人も運転することがあるから絶対AT」……など、人それぞれ様々な条件があると思います。

そんな中のひとつに、「駐車場のサイズ」があります。私事で恐縮ですが、筆者の場合借りている駐車場のサイズが小さく、全長は4700mm、全幅は1750mm、全高は1550mm以下の車しか入りません。

このうち車探しの際、特に問題となるのが横幅。1750mmという横幅がどれだけ小さいかというと、ズバリ「プリウスが入らない」。新車で一番売れている(2016年上半期、日本自動車販売協会連合会調べ)、つまり「ザ・大衆車」と言ってよいトヨタ プリウス(現行型)の全幅は1760mm。私の場合アウトです。

筆者の場合と同様、横幅1750mmまでしか入らない駐車場の場合、最も確実な方法は5ナンバーサイズの車を探すこと。5ナンバーサイズというのは全長4700mm、全幅1700mm、全高2000mm以下の車のことです。SUVやミニバンは車高が高いため注意が必要ですが、その他は狭い駐車場であっても問題ないことが多いでしょう。少々おおざっぱに言えば、軽専用でもない限り、5ナンバーのハッチバック、セダン、ステーションワゴンから選べばOKです。

はい、駐車場が狭ければ、基本的に5ナンバーの車から選べばOKなんです(もちろん筆者の場合も)。問題となるのは、あなたが5ナンバーにピンと来る車がなく、駐車場には5ナンバーより少しだけ大きい車が入れられる場合。5ナンバーよりちょっとだけ大きい車って意外に探しにくいんですよね。「トヨタ アクアより大きいけれど、プリウスよりは小さい車」ってすぐにはなかなか思いつきません。 今回探すのはそんなサイズの車になります。

ということでリサーチしていきたいのですが、駐車場が狭い場合、単純な車のサイズだけではなく、小回りや視界の良さにも気を付けていきたいところです。ということで、横幅1701mm以上、1750mm以下で編集部オススメのモデルをご紹介していきたいと思います。

運転しやすいスタンダードなセダン:スバル インプレッサG4(現行型)

▲2011年登場のスバル インプレッサG4。同車のハッチバック、インプレッサスポーツのセダン版です。セダンは5ナンバーサイズ(横幅1700mm以下)と1800mm以上に分かれてしまい、中間のサイズがなかなか見つかりませんが、この車であれば大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズが手に入ります

▲2011年登場のスバル インプレッサG4。同車のハッチバック、インプレッサスポーツのセダン版です。セダンは5ナンバーサイズ(横幅1700mm以下)と1800mm以上に分かれてしまい、中間のサイズがなかなか見つかりませんが、この車であれば大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズが手に入ります

まずはインプレッサG4。大きさは全長4415×全幅1740×全高1465mmと、横幅のみならず全長や全高もほとんどの機械式駐車場に対応する大きさです。直線基調のデザインで車両感覚もつかみやすく、小さ目の駐車場にもぴったりです。まだまだ新しいモデルですが、総額100万円台前半で手に入れることができます。

小回りの利くプレミアムコンパクト:アウディ A1(現行型)

▲ボディはコンパクトで内外装の質感は高い「プレミアムコンパクト」の代表格、アウディ A1
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。