ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

揚げずにボリューム満点! 「スコップコロッケ」を作る+ソースアレンジ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:uralatokyo:20160906104227j:plain

コロッケが好き。

できたてアツアツコロッケのサクッとした食感、たまりません。

ビールのおともに最高!

……でも、コロッケを作るのって、けっこう面倒なんですよね。

タネを作って、丸めて、小麦粉、卵、パン粉を付けて、しかもそのあと揚げなきゃいけなくて。

そんなめんどくさがりな私にぴったりなカンタン「スコップコロッケ」を今回はご紹介します。なんと、揚げなくていいのです!

まずはタネづくり

[材料] じゃがいも 中4個(500gぐらい) 玉ねぎ 1個 挽肉 150g パン粉 塩コショウ

f:id:uralatokyo:20160907101343j:plain

買ってくるものはこれだけです。シンプル。

卵や小麦粉も使いません。

f:id:uralatokyo:20160906104617j:plain

まず、じゃがいもを茹でます。30分ぐらいかかりますのでちょっと時間をみておいてくださいね。レンジを使ってもOK! レンジだと10分ちょっとでできます。

f:id:uralatokyo:20160906105007j:plain

じゃがいもを茹でている間にフライパンでみじん切りにした玉ねぎを炒め、火が通ったら挽肉を入れてさらに炒め、塩コショウで味をつけます。

挽肉は、牛・豚・合い挽き、どれでもお好みのもので。

f:id:uralatokyo:20160906105207j:plain

つぶしたジャガイモと混ぜます。

しっとり感が欲しかったら、少し(大さじ1〜2ぐらい)牛乳やバターを足してもいいですが、挽肉の油でけっこうしっとりするので、もちろんこのままでもOK!

すでにおいしそう!

ココで味見をして、もう一度塩コショウで味を整えてもいいかもしれない。

おっと、食べてないですすみます。

f:id:uralatokyo:20160906105535j:plain

耐熱皿に入れまして、じゃがいもが見えなくなるぐらいまでパン粉をかけ、オイルを回しかけます。

オリーブオイルがおすすめですが、ふつうのサラダ油でも大丈夫です。

さらにいえば、もしダイエット中だったら油はかけなくてもできます。

でも、やっぱりかけたほうが美味しいんですよ。

かけることをオススメします

f:id:uralatokyo:20160906105630j:plain

あとはトースターで焼くだけ

f:id:uralatokyo:20160906110708j:plain

トースターで焼きます。もうすでに具には火が通っているので、表面がカリッとなれば大丈夫です。

うちのトースターでは8分ぐらいでしたが、それぞれ違うと思いますのでたまに見ながらほどよい頃合いでフィニッシュをむかえてください。

f:id:uralatokyo:20160906110725j:plain

完成! できました!

パン粉がサクサク、中のじゃがいもはしっとりで、美味しい!

しかも、カンタンなのにコロッケの庶民的なイメージとは違ってちょっと豪華な感じ。お客さんのときにもいいですね。パーティとかできちゃいますな、これは。

私はこのまま食べるのが好きですが、

もし、食べてみて味が薄かったらソースをかけてみてください。

なんせコロッケですから、ソースとの相性は間違いないところです。

さらにアレンジ!

揚げずに、こねずに、カンタンでした。

しかーし。

ゆきちゃめゴンの挑戦はこれでは終わらない!

別バージョンも作ってみました。

けっこう味がプレーンだから何にでも合いそうでしょ?

まず、+ピザソース

f:id:uralatokyo:20160906111639j:plain

ちょっとイタリアンアレンジというのかなぁ。パスタなんかと一緒に食べても良いかも。洋食にあう感じでした。

次、チーズ

f:id:uralatokyo:20160906111739j:plain

じゃがいも+チーズ、想像通りのおいしさ。準レギュラーにしたい組み合わせ。

そして、お好み焼き風

f:id:uralatokyo:20160906111954j:plain

ソース、おかか、青のり。この組み合わせで何でもお好み焼きテイストになるんやなぁ。これは一番意外性があって面白かったし、好きでした。

最後、オーロラソース

f:id:uralatokyo:20160906112427j:plain

ケチャップとマヨネーズを混ぜたオーロラソースをかけました。マヨネーズによってまろやかさが増して、ケチャップの甘みもプラスされ、これもおいしかった!

アレンジ編はそれぞれこの後パン粉と油をのせて焼いてから食べましたが、お好み焼きとオーロラソースは焼かずにこのままでも食べられそうです。

「スコップコロッケ」、ぜひぜひ作ってみてくださいね!

書いた人:ゆきちゃめゴン

ゆきちゃめゴン

食べることばかり考えています。弱いのにお酒も好きです。ふだんはエディトリアル系を中心にDTPデザイナー。東京の下北沢?渋谷あたりで生きています。万年ダイエッターでしたが、最近痩せることをあきらめました。Small Happy Thingsというサイトにも参加中。 ウェブサイト:Small Happy Things 小さな幸せについて考えるサイト

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【下北沢】接客業30年! 絶妙なトーク術でファンを魅了する美女の店【美人ママさんハシゴ酒】
【特典アリ】東京・下北沢めくるめくアジア麺ワールドへようこそ!
【小鳥遊しほ】下北沢が生んだベースヒーロー、KenKenの自宅で◯◯を作らせてもらった

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。