体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

娘をもつママが知っておくべきこと。いつか嵐のような子育てすら懐かしくなる

娘をもつママが知っておくべきこと。いつか嵐のような子育てすら懐かしくなる

目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだかんだ言っても母と娘は、特別な関係です。

4人の娘を育てあげたJanet Millerさんは、自分の子育てを振り返ってみたとき、9つのことを学んだそうです。娘をもつママが知っておくべきこと。いつか嵐のような子育てすら懐かしくなる

 01.
ママはお手本で
ヒーローで、アイドルでもある

娘は、いつだって自分のママのことを見つめているもの。ママの振る舞いを見て、学んでるの。お手本なんだけど、良いところも悪いところも真似しちゃう。だって娘にとってのママは自分を助けてくれるヒーローだし、憧れのアイドルでもあるんだから。

 02.
良いときも悪いときも
ママのことを見てる

「今日はちょっと調子が悪いな」「あれやるの、ちょっと面倒くさいな…」「娘にちょっとイライラしちゃう」そんなときでも娘は、ママを見ているの。自分では精一杯良いママをしているつもりでも、思うように振る舞えないときだってあるじゃない?「調子が悪いから今日は仕方ない」と自分では目をつぶっていても、娘はしっかりそこも見ているの。

03.
女の子っぽくなくても
心配しないで

娘をもつママが知っておくべきこと。いつか嵐のような子育てすら懐かしくなる

子供だって、みんながみんな同じじゃないわ。あなたの娘は、いわゆる「女の子らしい」振る舞いをしないかもしれないし、女の子らしい服装や持ち物が好きじゃないかもしれない。いろんな女の子がいるものよ。

もし自分の娘が女の子らしくなくても大丈夫!大事なのはあなたがそんな娘のことを認めて、サポートしてあげること。娘は他の人の視線なんて気にしていないかもしれないけど、あなたの視線は気にしているものだから。

04.
失恋の傷を
癒せるのはママだけ 

幼稚園の庭で男の子につきとばされたときから、長年付き合った彼氏にフラれたときまで、娘はママを頼ることになるの。失恋の話を聞くのはとてもつらいけど、そんなときにちゃんと話を聞いてあげて、慰めて、「あなたの味方よ」と伝えてあげることはとても大切なこと。

05.
どこかで反抗期はやってくる 

娘をもつママが知っておくべきこと。いつか嵐のような子育てすら懐かしくなる

ママなんて最低、最悪!

どこかのタイミングで、娘がこんなことを言う日が来るわ。でも大丈夫。大事な娘にこんなことを言われたら大ショックだけど、彼女も本気じゃないし、これは一時的なもの。反抗期は自立に向けた成長だと思うこと。最終的にはあなたのやってきたことに感謝してくれる日が来るんだから。

06.
いつまでも頼りにしてくれる
って嬉しいこと 

娘はいつまでもママを頼ってくれるの。ひとり暮らしを始めたばかりの頃はとくに、何かに困るたび電話があったもの。「ママ、おばあちゃんがよく作ってくれたあの料理、どうやって作るの?」「ママ、うちで使ってたパスタってどこのやつ?」こういった電話が頻繁にあるとちょっとうんざりするかもしれないけど、いつまでも自分のことを頼りにしてくれる娘がいるのってすごく嬉しいこと。

電話の頻度が減ってしまった今では、私は一回一回の電話をとても大事に思ってるの。

 07.
いつか子育ての混乱すべてが
懐かしくなる

娘をもつママが知っておくべきこと。いつか嵐のような子育てすら懐かしくなる
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。