体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ぬいぐるみとおしゃべりできる!子どもの夢をかなえるボタン型スピーカー「Pechat」がかわいい

デジタル・IT
pechat_1ぬいぐるみ相手に、ひとしきりおしゃべり。幼い頃の記憶として、誰にでも残っているのではないだろうか。

そんな疑似的遊びが、IT時代の今は現実のものに。お気に入りのぬいぐるみをおしゃべり仲間に早変わりさせる「Pechat(ペチャット)」となって、現代に登場した。

・入力した言葉をかわいい声に変換

博報堂のプロダクト・イノベーション・チーム monom (モノム)が生んだ「Pechat」は、ボタン型のおしゃべりスピーカー。専用のスマホアプリを使うことで、ぬいぐるみ自身と話しているような気分にさせるという、キュートなデバイスだ。

pechat_2ボタンは硬質な材質でなければ、どんなぬいぐるみにも装着可能。糸で縫いつけたり、紐で引っかけておけば簡単に外れない。服やクッションなど、ぬいぐるみ以外のものにつけてもいい。

操作は簡単。ボタンを着けたら専用アプリを開き、おしゃべりさせたい言葉を入力する。入力した文字は、音声合成技術によってかわいく読み上げられる。外部から声を吹き込んで、それを変換する機能もあり。お父さんやお母さんの声を、ぬいぐるみにぴったりのキュートな声に変えることができるのだ

・遊びを楽しくする機能が満載!

pechat_3他にも、200以上の台詞をカテゴリーごとに選ぶ“セルフリスト”や、歌が歌える“うたリスト”、声に反応して自動であいづちやおうむ返しをする“おまかせモード”など、便利な機能を満載。アイディア次第で、使い方は無限大だ。

教育学の専門家も太鼓判を押す「Pechat」。11月13日まで、Makuakeで支援を募集中。早期割引セット4240円から、受け付けている。

Pechat/Makuake

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会