体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たった1ヶ月であなたの人生がグンと良くなる。「31日間の自己啓発プラン」を要チェック

たった1ヶ月であなたの人生がグンと良くなる。「31日間の自己啓発プラン」を要チェック

新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。

でも、Marcel Schwantes氏がまとめたのは31日間のプラン。日々新しいこと、かつそれほど難しい内容でないので、モチベーションを維持しつつ楽しみながら実践できそう。たった1ヶ月であなたの人生がグンと良くなる。「31日間の自己啓発プラン」を要チェック

Day1:他人のために「5分間の親切」を

Day2:家族や友人とポジティブな体験を共有

Day3:業績にとらわれない

私たちは働きすぎて、人生の喜びやバランス感覚を失う傾向があります。

常に生産性ばかり気にするのは、不健康な感覚。ですから、あなたの完璧主義を抑えるようにしてください。スローダウンして、今この瞬間の人生をありのまま生きればいいことに気付いてください。

Day4:他人の身になる

共感や思いやりは、あなたが育むことのできる感覚です。他人の状況について考え、彼らの痛みやフラストレーションを理解し、それらの感情がまるで自分のものであるかのようにとらえることから始めましょう。

Day5:目的を見つけ、その過程を楽しむ

頻繁に意識してください。あなたの人生の目的は、1日10時間の仕事を週に5日、30年間続けて、フロリダのゴルフコースで引退生活を送ることではありません。

あなたの本当の目的は、人生の使命を見つけて、その過程にある喜びを1つずつ満喫すること。結局のところ、あなたの人生を集約するのは、この2つの問いなのです。

・私は他人の人生に、どんな影響を与えたのか?
・私が尽くして、成長させた人物とは誰か?

Day6:自分ではなく、他人に注目を集める

自分ではなく他人を主役にする時、魔法のような何かが起こります。他の誰かにスポットライトを当てて、注目や敬意を集める特別な存在へと変えたとき、あなたはそれを楽しめるようになり、穏やかで静かな自信を手にします。たった1ヶ月であなたの人生がグンと良くなる。「31日間の自己啓発プラン」を要チェック

Day7:人生に感謝する。もっと悪い状況にいたかもしれないのだから

どんな宗教を信仰しているかに関係なく、当たり前のように思う物事に感謝することから1日を始めてください。

Day8:忍耐強くなる

Day9:口論になった時は、自分から和解を申し出る

あまりにも多くの人がやってしまうのは、口論や誤解が生じた後に怒りを膨らませて、謝罪が得られるまで相手を自分の人生から締め出すこと。これは都合のよい方法ですが、同時に愚かな行為でもあります。代わりに、あなたに非がある場合でも、自分から手を差し伸べて修復を図るようにしてください。

Day10:ノーと言う

役に立たないモノ、価値のないモノ、今日のあなた以上に明日のあなたを輝かせないモノには、ためらわずに「ノー」と言ってください。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会