ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

急な視野欠損や視力低下…女性に多い「視神経症」について

  • ガジェット通信を≫

ある日突然、視野が欠けたり、視力が低下したり……。急な目の異変に気付いたら、それは「視神経症」かもしれません。20~50代の女性に多くみられ、放置しておけば自然に回復することもあります。しかし、感染やアレルギーによるものなど種類も症状もさまざまで、中には失明してしまう症例もあるのだとか。

そこで今回は、視神経症とはいったいどのような病気なのか、目にはどのような症状が現れ、どのような治療がおこなわれているのか。眼科医の岡野先生に聞いてきました!

視神経症とは?

まず、角膜や水晶体を経て網膜へと伝わった光の情報を電気信号に変換して脳に伝える神経線維の集まりが「視神経」です。視神経によって生成された電気信号が脳で分析されることによって私たちは”ものを見る”ことができています。

この視神経になんらかの障害を起こす病気を「視神経症」、その炎症を「視神経炎」と呼びます。しかし、この視神経症、原因不明な場合も多くあるのだとか。

症状・炎症の種類

日本眼科学会HPにて発表されている視神経症や視神経炎の種類について、特徴や症状・治療法についてご紹介します。(1)特発性視神経炎

病名の「特発性」とは、「原因不明」という意味です。20~50代の女性に多くみられ、視神経乳頭が赤く腫れる「視神経乳頭炎」と、視神経乳頭には当初所見がなく正常にみえる「球後視神経炎」があります。

球後視神経炎は、視神経以外の脊髄や大脳の白質にも病変が及んで軽快と悪化を繰り返す「多発性硬化症」の一部になることもあります。【症状】

見ようとするところが見えない(中心暗点)、全体に霧がかかる、視野の一部からだんだん見えにくくなる、痛みを感じる、視力低下などの症状がみられます。【治療法】

自然回復が主流です。程度や病態分類などによっては副腎皮質ステロイドやビタミン薬の点滴が用いられることもあります。(2)抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎

「アクアポリン」とは、細胞膜に存在する細孔を持ったタンパク質で、水分子のみを選択的に通過させるため“水分の通り道”と考えるとわかりやすいでしょう。この一種であるアクアポリン4に対する抗体が作られ、脳・脊髄・視神経の毛細血管に炎症が発生することを指します。こちらも患者のほとんどが女性です。【症状】

両眼を侵し、重度の視力低下が生じます。【治療法】

治療にはメチルプレドニンの大量療法が用いられます。反応が悪い場合は血漿交換療法・免疫抑制薬・大量ガンマグロブリン治療が応用されます。改善しても再発の可能性が高く、副腎ステロイドなどによる維持治療が必要になります。(3)虚血性視神経症

視神経に栄養を与える血管において循環障害が起こる病気です。多くは高齢者の片眼におき、高血圧・糖尿病・高脂血症・心疾患・血液疾患などの健康の危険因子を患者の多くが持っています。中心暗点や水平半盲(下半分あるいは上半分の視野欠損)などの視野欠損や視力低下がみられます。【治療法】

副腎皮質ステロイド薬の点滴治療がおこなわれます。(4)圧迫性視神経症

視神経管や視索を経て視神経が脳に入る途中に、腫瘍などで圧迫されることによって視力低下や視野の障害が起こることです。【治療法】

多くは脳外科的治療が必要です。(5)外傷性視神経症

事故などで前額部(特に眉毛の外側に近い部位)を強打した場合に、片側の視神経管内の視神経が挫滅して、視力・視野障害が起こることです。【治療法】

受傷早期(通常24時間以内)であれば、副腎ステロイドの大量投与がおこなわれます。(6)中毒性視神経症

抗結核薬(エタンブトールなど)や抗生物質・抗癌薬などの薬物による中毒性の視神経症です。シンナーや農薬などでも障害が出ることがあります。【治療法】

疑いのある薬物の減量・中止が必要です。(7)遺伝性視神経症

「レーベル病」と「優性遺伝性視神経萎縮」がよくみられます。前者は10~40代までに発症する場合が多く、両眼の中心部分の視力低下で発症します。男性に多く、母系遺伝です。両眼とも0.1以下になる例が大半ですが、周辺の視野は正常で、まれにかなりの改善が特に若い時期に発症した場合にみられることがあります。後者は小学生ごろから多少両眼の視力の低下がみられるものの、通常著しい低下にはなりません。【治療法】

確立されていません。(8)その他

「鼻性視神経症(副鼻腔手術後にできる嚢腫が原因)」や「栄養欠乏性視神経症(ビタミンB群などの欠乏が原因)」など。

自然回復するが、不安な気持ちを持ったら診察へ

原因や症状がさまざまなのがおわかりいただけたのではないでしょうか。

「視神経症を起こす病気の中には、色覚異常や、視力低下を起こし、不幸にして失明してしまう病気もある」と岡野先生は指摘します。治療の際には、視力低下や視野が欠けて不安になっている患者さんの気持ちを和らげ、原田病などとの鑑別を意識されているそうです。

視神経症は自然回復することも多い病気なので、適度に休んで自己免疫力を上げることは大切です。しかし、感染や薬物による発症のケースもあるため、気になったら放置せずに眼科の診察へいきましょう。

▼「目の病気」については、コチラの記事もオススメ!◎目のトラブルについて~緑内障~(ロート製薬 商品情報サイト)◎ドライアイだけじゃない!眼科医が指摘する「夏に注意すべき目の症状」とは?◎目のかすみ・充血を甘くみてはダメ!目の内部に起こる『ぶどう膜炎』とは?◎運動をする人には他人事ではない! 痛みなく進行する『網膜剥離』◎眼科医の視点から知る! 目とも関わりの深い『バセドウ病』◎自覚症状なく進む!失明の恐れもある『糖尿病網膜症』とは?

【参考】

日本眼科学会:目の病気 視神経症

視神経炎: 視神経疾患: メルクマニュアル18版 日本語版

虚血性視神経症の症状や原因・診断と治療方法

岡野 敬先生

杏林大学医学部卒。大学病院や眼科医院で外来手術と手術を担当したのち、2003年1月より横浜市青葉区青葉台にあるスマイル眼科院長に。専門は前眼部疾患、緑内障、アレルギーなど一般眼科外来とコンピュータ支援医療。プライベートではワインとコーヒー、それに料理をこよなく愛する3児のパパ。

関連記事リンク(外部サイト)

飛蚊症の背後にある、こわ~い病気とは…
片目だけ起こる目のかすみ…。これって病気なの?
【もっと教えてドクター!】年齢とともに、白内障が気になるんです…!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。