ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロが教える 料理をうまく撮る“ある方法”

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜6時からの番組「WONDER VISION」のワンコーナー「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」(ナビゲーター:野村友里)。9月18日のオンエアでは、写真家で映画監督の若木信吾さんが登場しました。

写真家としてプロデビューして20周年になる若木さん。「20周年って実際たいしたことないとは思うけど…(中略)いい節目だと思って、一旦振り返っておこうと思った」ということで現在開催中の20周年を記念した展覧会は、今まで仕事で写真を撮った“つながり”を意識した展示になっているそうです。

中でも注目は、30人弱の写真家たちを収めた新作のポートレイト。さまざまな世代の写真家たちの現場に足を運び、インタビューを交えながら写真を撮ったそうです。

また、オンエアでは、野村から「料理の写真ってどうやったらうまく撮れるのですか?」という質問が。先日、野村の料理を撮影した若木さんですが、撮影の後に料理を口にして「一回食べてから撮ればよかった」と思ったそう。

「写真を撮るとき、ビジュアルとしての美しさは(ファインダー越しに)見ることができるけど、やっぱり実際食べるときって、いっぺんに食べるか、食材を別々に食べるかっていうのがあって…それを経験しておいたほうが、『これから食べるぞ!』っていう見え方で写真が撮れたと思う」(若木さん)

「カメラって(ファインダーを)覗いた人の目線が写る」からだそうですが、これに対し「料理も心で撮るってことですね…」と野村。料理をうまく撮るコツは「食べてから撮る」。これは早速、試してみたくなりますが、食べ過ぎには注意が必要かも!?

【関連サイト】
「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/style/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP