体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

睡眠満足度が高いとケンカが減る?カップルで寝る時のポイント

睡眠満足度が高いとケンカが減る?カップルで寝る時のポイント
カップルで就寝時間や起床時間を合わせるとラブラブ度や仲良し度がアップする――。

以前、そんなカップルの睡眠事情についての記事をご紹介しましたが、今回はカップルで一緒に寝ることに加えて、「睡眠の質」や「睡眠の満足度」を高められれば、さらにラブラブ度や仲良し度をアップさせることができるという話。睡眠の質や満足度は、カップルの関係性にどのような影響を与えているのでしょうか?

カップルで寝るとき、お互いに睡眠の満足度が高いとケンカや口論が減る

米国・フロリダ州立大学の研究チームが、結婚期間半年未満の新婚カップル68組を対象に7日間の睡眠追跡調査を行ったところ、「睡眠時間が長かった日の数日後に、結婚に対する満足度が高くなる」ことがわかったという報告があります。

つまり、睡眠の満足度が結婚の満足度(=パートナーへの満足度)につながった…ということですが、調査結果の詳細を見ると、「睡眠に対する満足度が高い男性ほど、ケンカや言い争いが少なかった」そうで、睡眠の満足度が、カップルのイザコザに何かしらの影響を与えていることが推察できます。

ケンカするのは仲がいい証拠とも言われますが、やっぱり無駄にエネルギーを消耗するのは避けたいところ。カップルで一緒に寝る場合、ケンカや言い争いがあると、就寝時間が遅くなるのはもちろん、寝付きまでも悪くなってしまいます。十分な睡眠時間がケンカや口論を減らすのであれば、睡眠時間や質を見直して、双方が満足のいく睡眠を得られるように改善してみるのもひとつの手かもしれません。

心のコントロールに睡眠は不可欠

睡眠をたっぷりとると、お肌の調子をはじめ体調だけでなく、いつもよりやる気やエネルギーに満ち溢れた感じがするのは誰でも経験したことがあるはず。睡眠によって身体のコンディションが整うのはもちろん、睡眠は心にも良い影響を与えるのです。

例えば「自己抑制」や「セルフコントロール」を行うのにも、睡眠の力が関わってきます。専門家によれば「セルフコントロール」を行うには、かなりのエネルギーが必要で、その力を補うのは、休息、特に睡眠によるところが大きいのだとか(※1)。

確かに疲れたり、集中力が切れたりするとイライラしたり、不機嫌になることは誰にでもありますが、それを表に出さないようにセルフコントロールするにはエネルギーが必要ですよね。このエネルギーは食事よりも睡眠によって補われるというのは納得です。訳もなくイライラする、八つ当たりしてしまいそう…という時は、そんな態度を表に出して損をするより、いっそ思い切って寝てしまった方がよいのかもしれませんね。

睡眠の満足度が自分への自信にも繋がる!?

睡眠の質をよくすると、カップル仲をよくするだけではなく、人生の満足度にもつながるという、面白い調査報告もあります。

トータル睡眠ソリューションカンパニーの株式会社TWOが2015年に20~60歳台の男女2000名を対象に行った睡眠調査によると、「睡眠の満足度が高く、人生の満足度も高い人」は62.4%であったのに対し、「睡眠の満足度が低いけれど人生の満足度が高い人」はわずか13.1%だったそう。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会