ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

光と紙でできた「夕暮れと水平線」の写真。

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『Paperworks(See/Sea)』
Artist:Maija Savolainen

この作品、じつは折り目を付けた白いA4紙です。太陽光が紙に反射している様子を撮影することで絶妙な色合いが生まれているのだとか。以下、写真をいくつか。フレームがあるからか、まるで夕暮れ時の海を撮影したかのように見えて不思議です。

遠目には水平線があるように見えますが、拡大すると折り目に寄る細かなしわが見えてきます。

時間帯や季節によって変わる日光の色や、写真の見え方を研究したものだそう。“白いA4紙”の全体像を想像しながら、当たっている太陽光の色から逆算していくと、周囲にどんな環境があったのかが見えてくるかもしれません。じっと眺めちゃいますね。

その他の写真は「Gallery Talk Person」で閲覧できます。Licensed material used with permission by Maija Savolainen

関連記事リンク(外部サイト)

光の魔術師がデザインした、泊まれるアート作品『光の館』
ヒマワリに星が降り注ぐ!日本人写真家による「星空アート」がロマンチック
瀬戸内国際芸術祭に登場した、新感覚アート「檸檬ホテル」。一体コレってなに!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP