ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水曜日のカンパネラ、初の野外フリーライブで観客に“カレーメシ”を投げる!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

水曜日のカンパネラが9月16日(金)にお台場・潮風公園(太陽の広場・野外特設ステージ)にて、自身初の野外フリー・ライヴ『uP!!!NEXT~水曜日のカンパネラ FREE LAGOOOOOON!!!~』を開催した。

会場には約4000人の観客が集まり、主演/歌唱のコムアイが本編12曲・アンコール1曲の全13曲を約1時間にわたり披露した。日中に降っていた小雨もあがり満月がステージ上に浮かぶなか、突如会場内に救急車の音が鳴り響くと、会場後方に救急車が到着。南米で目撃される吸血UMAをモチーフにした「チュパカブラ」のトラックが流れると、救急車後方のドアが開き、コムアイが登場。どよめき沸き立つ観客をよそに、歌い始めたコムアイの様子がステージ脇のスクリーンに映し出されると、医者の格好をしたスタッフたちがコムアイを担架に乗せ、客席中央を通りステージまで移動させていく。ステージに到着すると、北海道の地名や名物をラップに盛り込んだ「シャクシャイン」を披露。「踊れる準備はできてますか?」というコムアイのMCに、はやくも客席のヴォルテージは最高潮に達する。

「(会場がお客さんで)埋まったね! こんなに来るとは思わなかったです。でも、来るよね? 無料だから」と笑いを誘うと、「先に重大なお知らせからしていいですか? 冬にツアーをやります!!」と今年2回目のツアー開催を発表。9月17日から予約がはじまることをアナウンスした。お知らせを終えると、お客さんと「いい湯だね!」というコール&レスポンスの練習をし、お風呂をテーマにした「ディアブロ」を披露。続けざまに、初期代表曲の「ミツコ」、低音がビシビシ伝わってくるベース・ミュージック「ウランちゃん」、懐中電灯を顔にあてるパフォーマンスが印象的な「モスラ」を歌うと、再び客席を練り歩いていく。会場左手後方に設置されたカレーメシステージに辿りつくと、日清カレーメシをお客さんに向けて投げ始めるコムアイ。日清カレーメシ2のマスコットキャラクター「カレーメシ2くん」が2人、リニューアルしたカレーメシくんがステージに現れ「ラー」をコラボレーション。曲を歌い終え、コムアイがカレーメシくんたちをステージから降ろすと、「私のはじめて行ったライヴは、中1、2の頃で、aikoさんのフリー・ライヴだったんですよ。ビーチでフリー・ライヴをやっていて、そのときにaikoさんが「お~いお茶が好きだ」って言ったら、その日、お客さん全員に配られたんです。それから10年経たないうちに、自分がステージ側に立って、ビーチ際でフリー・ライヴをしていて、カレーメシも配っていて、こういうこともあるんだなと思って。なにがあるかわからないですね、人生」としみじみと語った。

そして、お客さんにスマートフォンのライトをつけるように指示。コムアイは頭にミラーボールをつけ、ミラーにライトを当てるようお願いをすると「メデューサ」を歌いながら客席を練り歩き、お客さんとコミュニケーションをとりながら逆サイドに移動していく。その先に用意されていたのは、高所作業車。天高く伸びていく足場をステージにするという大胆なセットのなかで「雪男イエティ」を歌い、再びお客さんたちの度肝を抜いた。続く「マッチ売りの少女」では、最新テクノロジーを駆使したLEDポイで、火をつけたマッチの演出。ポイをくるくる回すと水曜日のカンパネラのロゴが浮かぶなど、華麗なパフォーマンスを見せた。再びステージに戻ると、先日ミュージックビデオが公開された新曲「松尾芭蕉」をライヴ初披露。再びポイを使用し「水曜日のカンパネラ」の文字が浮かばせたり、バックダンサーのポイを組み合わせてフォーメーションを作ったり、光を使って魅せる演出をしてみせた。最後は水曜日のカンパネラの代表曲「桃太郎」を披露。おなじみのウォーターボールにコムアイが入り、お客さんの上を転がっていく。会場のお客さんとともに「きっびだーん」と叫び、ライヴ本編は終了。と思いきや、全員のところを回れなかったからと、予定になかった「ドラキュラ」をサプライズ披露。客席を縦横無尽に練り歩きながら「ちーすーたろかー」と歌い、最後はたくさんの感謝の言葉とともにコムアイはステージを後にした。

斬新なアイデアと最新のテクノロジー、会場全体をつかった演出で、フリー・ライヴとは思えない圧倒的なエンターテイメントを見せた水曜日のカンパネラ。冬のツアーではどんな演出を見せてくれるのか。ますます期待が高まるライヴだった。

text by 西澤裕郎

photo by Taku Shiiba、Tomokazu Yamada

【セットリスト】

01.チュパカブラ

02.シャクシャイン

03.ディアブロ

04.ミツコ

05.ウランちゃん

06.モスラ

07.ラー

08.メデューサ

09.雪男イエティ

10.マッチ売りの少女

11.松尾芭蕉

12.桃太郎

EC-ドラキュラ

『ワンマンライブツアー2016 ~SUPERMAN~』
11月02日(水) 川崎・CLUB CITTA

11月05日(土) 仙台・Rensa

11月11日(金) 金沢・EIGHT HALL

11月12日(土) 新潟・NEXS NIIGATA

11月16日(水) 名古屋・Zepp Nagoya

11月19日(土) 福岡・DRUM LOGOS

11月23日(木・祝) 大阪・なんばHatch

12月02日(金) 北海道・Zepp Sapporo

12月07日(水) 東京・中野サンプラザ

12月22日(木) 沖縄・ミュージックタウン音市場







カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP