体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京には素敵な観光スポットが目白押し!この秋、家族で訪れたいおすすめスポット20選!

東京には素敵な観光スポットが目白押し!この秋、家族で訪れたいおすすめスポット20選! 東京

数ある観光スポットの中からどこに行けば良いか迷っても絶対にはずさない人気名所を厳選!

皆が知っている定番からあまり知られていない穴場まで、東京の魅力をたっぷりとご紹介♪秋ならではの見どころ満載な東京の街を家族みんなで訪れよう!

この秋の家族旅行に東京はいかが?みんなで楽しんで、秋の思い出を作ろう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

キッザニア東京

キッザニア東京

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000178057/photo/

キッザニアは楽しみながら社会のしくみが学べる「こどもが主役の街」です。全天候型の施設で入場制限を行っていますので、安心してご来場いただけます。銀行、警察署など約60のパビリオンがあり、消防車や救急車も走っています。ユニフォームを着たら、いよいよ仕事体験のはじまり!

\口コミ ピックアップ/

まだ3度目ですのでひたすら子供のマネージャー役に徹します。決められた時間に興味のあるお仕事を組むのがポイントかもしれません。お仕事をして生き生きしている姿は見ていて楽しいです

(行った時期:2016年3月)

沢山の職業を体験できて、子ども達はとっても楽しんでいました。

体験している子ども達を見ていると大人もワクワクしてしまいます。

何回行っても楽しめるかも。

(行った時期:2015年8月) キッザニア東京

住所/東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲NORTH PORT3F

「キッザニア東京」の詳細はこちら

上野動物園

上野動物園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13106cc3310040182/photo/

1882年(明治15年)日本で初めての動物園として誕生しました。14haの園内には、約400種3000点の動物が飼育されています。緑豊かな園内は、動物の生息環境を再現した展示や間近に見られる展示などさまざまな工夫をしています。2011年4月、3年ぶりにジャイアントパンダの展示も再開しています。

\口コミ ピックアップ/

定番のパンダは何度見ても飽きないです。

最近人気のハシビロコウもいます。

夏は不忍池でビアガーデンもやっていて、池のほとりで良い感じです。

(行った時期:2014年8月10日)

やはり、パンダ!

パンダのところはとても混んでいます。

混んでいる時期だとながれるようにしかみられないですが、それでもみれるとかわいいです。

パンダ以外にもたくさん動物はいるので、ゆっくり一日必要だと思います

(行った時期:2014年11月) 上野動物園

住所/東京都台東区上野公園9-83

「上野動物園」の詳細はこちら

三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)

三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13204cc3302011245/photo/

三鷹市立アニメーション美術館(三鷹の森ジブリ美術館)は、日本初のアニメーション美術館として、徳間書店スタジオジブリ事業部(当時)と三鷹市の美術館構想の一致によって平成13(2001)年にオープンした。企画原案は世界的なアニメーション監督である宮崎駿氏。建物自体が1本の映画のようでありたいと考えられており、館内は重層的で迷路のような建物になっている。

外観は曲線で構成され、外壁は赤や黄などカラフルな土塀の個性的な建物ながら、時間の経過とともに井の頭公園の松林となじんできた。「迷子になろうよ、いっしょに。」のキャッチコピーのとおり、来館者は館内を好きな順番で迷子になりながら見学できるようになっている。展示内容は「映画の生まれる場所」と呼ばれるアニメーションスタジオ風の展示室や、子どもたちが乗れる「ネコバス」まで多岐にわたる。見るだけでなく、体験する展示であることが、子どものみならず大人の来館者の心もつかんでいる。

映像展示室「土星座」では美術館のオリジナル短編映画を上映しており、作品は時期により入れ替わる。外国人の入場者も多く、ジブリ人気の高さをうかがわせる。展示室のほかにも、入口天井に描かれた美しいフレスコ画やジブリ作品が描かれたステンドグラス、意外なところに出られる通路など、施設全体に発見がちりばめられている。まさに大人も子どもも迷子になるのが楽しい美術館である。

\口コミ ピックアップ/

建物の中はまさにジブリの世界観でいっぱいです。

広さ的にはそこまで広くもないですが、充分すぎるほどジブリ作品の宝庫となっています。

壁や机の上など細部にまでこだわった感じがしました。ジブ好きにはもってこいの美術館です♪

(行った時期:2015年5月16日)

子どもだけでなく大人も楽しめる美術館。

館内で上映される短編のフィルムは流石ジブリ!

心温まるほのぼのストーリィでした。

毎月変わるようなので違うフィルムも見てみたい。

私が訪れたときは、レストランが長蛇の列で、お弁当を持っていって正解でした。

(行った時期:2015年6月) 三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)

住所/東京都三鷹市下連雀1-1-83

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。