ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EBiDAN39&KiDS、『EBiDAN THE UNiON 2016 in Sanrio Puroland』開催!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サンリオピューロランドにて開催中の“ピューロハロウィンパーティ2016”の応援団にEBiDAN39&KiDSが就任し、その記念イベントとして9月17日、サンリオピューロランドとEBiDANのコラボ・イベント『EBiDAN THE UNiON 2016 in Sanrio Puroland』が開催された。

EBiDANの人気ユニットがハローキティをはじめとした人気サンリオキャラクターたちと夢の顔合わせを果たした、この2部制イベントの模様をお届けしよう。出演したのはEBiDAN39の派生ユニットであるM!LK、MAGiC BOYZ、SUPER★DRAGON、スタメンKiDSの4組。出演者全員とオーディエンスで「EBiDAN39、レッツゴー!」と掛け声をかけたイベントは、まず、スタメンKiDSのステージからスタートした。先輩たちのライブイベントのオープニングアクトを担当すべく、ダンスに歌にお芝居に修行中の小学生7人からなる彼ら。元気いっぱいに花道へ飛び出すと、10月26日リリースのデビューミニアルバム『てらこやEP』から、江戸の寺子屋を舞台にしたコミカルなナンバーを、側転等のアクロバットも交えながら披露してゆく。愛らしいダンスに場内から沸く「かわいい~!」の声を浴びながら、「まつりBAYASHI!!」ではサンリオの人気キャラクター、バットばつ丸も登場!メンバーと一緒に振り付けもバッチリなダンスでファンを驚かせた。

続くMAGiC BOYZは、3MC2DJによる小中学生(成長期)HIPHOPグループということで、なんとDJ Hello Kittyと共にステージへ。「サンリオキャラクターになりきるとモテるって聞いたから」と、MC陣はハローキティとポムポムプリン、DJ2人はぐでたまの被りものを被って、ドープなビートとイキのいいラップを響かせてゆく。「今日は他のグループのファンも多いだろうから」と、花道からオーディエンスをナンパするフリースタイラップも挟み、最後はみんなのたあ坊も加わって、フロアと一緒にパーティーチューンで跳ねまくり!ラップで異色の存在感を示してみせた。

折り返し地点ではグループ対抗のボーリングゲームも。1部でスタメンKiDSに負け、最年長の玲於が一発ギャグを披露させられたSUPER★DRAGONが、ここで後半戦の火蓋を切る。1部の幕開け曲「hide-and-seek」では仮面をつけたりと、ワイルドに魅せる彼らは9人組のダンス&ボーカルユニットで、へヴィーロックをダンスやラップと融合させた斬新なスタイルが見所だ。ラストはけろけろけろっぴを呼び込み、1部の「HACK MY CHOICE」では9人で取り囲んで体を揺らしてクールにポーズ!2部の「+IKUZE+」では花道の先で全員ジャンプと、大所帯を活かした華やかなパフォーマンスこそが彼らの武器なのだと知らしめる。

そしてトリを飾ったM!LKは、どんなものにも混ざることのできる“変幻自在”なユニットを目指して真っ白なミルクから名前を取った5人組ボーカルダンスユニット。CDデビューから1年でZeppワンマンを成功させただけあり、爽やかなハーモニーは心地よく、客席とのコール&レスポンスも息ピッタリだ。後半、ハロウィーンにちなみ、魔法使いをイメージしたコスチュームでハローキティが登場すると、メンバーも「衣装に俺らのメンバーカラーが入ってる!」と嬉しそう。1部の「コーヒーが飲めません」では優しくハローキティを花道にエスコートし、2部の「反抗期アバンチュール」では一緒に踊る彼らに、場内からは大きな歓声が沸いた。

ライブ終了後は「I Love EBiDAN!」の掛け声で、客席をバックにキャラクターたちを交えた記念撮影。さらに、その後メンバーはピューロランド内1階にあるピューロビレッジで行われた“Miracle Gift Parade”で、パレードの参加グッズであるミラクルハートライトを手に、パレードのダンスレクチャ―も行った。そこでパレード応援団長のぐでたまとじゃれ合う一幕も。パレードの軸テーマにもなっている“なかよく”“思いやり”という言葉にピッタリな彼らの登場に、ピューロランド内は大いに盛り上がった。日々、成長を続けるEBiDAN39&KiDSの各ユニット。10月2日からはテレビ東京系アニメ「遊☆戯☆王ARC-V」のオープニング曲として、SUPER★DRAGONの「Pendulum Beat!」、エンディング曲としてM!LKの「疾走ペンデュラム」がオンエアされる。前者は11月16日、後者は2017年の1月11日にリリースされるので、逃さずチェックしてほしい。

Photo by 笹森 健一

Text by 清水 素子

(C)2016 SANRIO CO., LTD.














カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP