ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本HP、5万円台からのビジネスノートPC『HP ProBook Notebook PC』シリーズ発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本ヒューレットパッカード(HP)は、ビジネス向けノートパソコン(PC)のエントリーモデルを『HP Compaq』から『HP ProBook Notebook PC』に変更、シリーズ3機種を新たに発表した。5月27日より同社オンラインストアなどで販売を開始する。価格は5万9850円(税込)から。

新製品は、黒を基調としたデザインに全機種ともに一新。キーピッチ19mmのテンキー付きフルサイズキーボードは、デスクトップPCに劣らない使いやすさにこだわった。また、各キーの独立性を高めることで誤タイプを防いでいる。キーボードと本体の間にデュポン社製の特殊フィルム『マイラー』を設置した『スピルレジスタントキーボード』を採用し、水や静電気に強いのも特徴だ。ディスプレイには、ハイビジョン映像と同比率の16:9ワイド液晶ディスプレイを搭載する。

スタンダードモデル『4510s/CT(HP Compaq 6730s/CTの後継モデル)』は、15.6ワイド液晶ディスプレイを搭載したモデル。『インテルCore2 Duo/Celeronプロセッサー』を選択可能で、メモリーは最大8GBまで拡張できる。『4510s/CT』と同一サイズ・デザインの『4515s/CT(HP Compaq 6535s/CTの後継モデル)』は、AMDプロセッサー(『Turion X2 Ultra』『Athlon X2』『Sempron』いずれかから選択)を搭載し、コストパフォーマンスのよいモデルに仕上げた。

上記2機種よりも大きい17.3ワイド液晶ディスプレイを搭載する『4710s/CT(HP Compaq 6830sの後継モデル)』は、『インテル Core2 Duo/Celeron』プロセッサーと『ATI mobility Radeon HD4330』グラフィックスを搭載し、アニメーションを多用するプレゼンテーションなどの作業にも対応できるモデルだ。“オフィス内を移動できるデスクトップPC”としても充分使える画面サイズとスペックを兼ね備えている。

各機種の『HP Directplus』販売価格は、『4510s/CT』が6万4890円から、『4515s/CT』が5万9850円から、『4710s/CT』が6万6600円から。CPUの選択、メモリ増設などのカスタマイズはオンラインにて行うことができる(このニュースの元記事はこちら)。
 
日本ヒューレットパッカード http://www.hp.com/jp/
 
 

■こんなモバイラー向けニュースもあります
人気モデルVAIO『TypeP』にWindowsXP搭載モデル登場、WAN機能も搭載
世界最小!”ポケットに入るプロジェクター” Optoma『PK102』新発売
ノートPCをタッチパネルに変えるペンマウス『Duo for laptop』製品レビュー
見覚えある“あの顔”もデザインされた!? カードリーダー&ライターシリーズ発売
ノートPCをおしゃれに“別持ち”できるバッグ『Betsumo』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。