ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

沈む夕陽にうっとり…癒されたいならココ!九州のサンセット絶景4

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1日の終わりを告げる夕焼け。

赤、ピンク、オレンジと次第に色を変え、周囲を染めながら沈んでいく美しい夕陽は、ついつい見入ってしまいますよね。

それが水平線に沈んで行くサンセットなら、なおさらうっとり♪

今回は、そんな夕陽が美しいサンセット絶景スポットを4つご紹介します。

TVCMで一躍有名になった宮地獄神社をはじめ、絵画のようなパノラマ景色、干潟から見る夕陽など、個性豊かなサンセット絶景をピックアップ。

パワーみなぎる一面のオレンジは、明日の活力にもなりそうですね◎

1.宮地嶽神社

TVCMで一躍有名に!光の道は10月18日前後。

見事な本殿で参拝した後、夕陽タイムの18時にそなえよう

海に向かって一直線に伸びる参道の先に夕陽が沈むという、ロマンチックな夕陽の道が現れる。参道の真ん中に沈むのは2月と10月の年2回だけど、それ以外でも素敵な夕陽を拝める。 宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)

TEL/0940-52-0016

住所/福岡県福津市宮司元町7-1

営業時間/見学自由

アクセス/九州道古賀ICより15分

駐車場/500台

「宮地嶽神社」の詳細はこちら

2.九十九島八景 展海峰

まるで美しい絵画のよううっとり見とれるばかり。

標高165mにあり、昼間の眺めも素晴らしい

大小208もの島々が浮かぶ九十九島。複雑な入江と島が織りなす景色にうっとり。特に夕焼け時18時頃には、島と海と空が幻想的なシーンを生み出し、圧巻のパノラマで体感できる。 九十九島八景 展海峰(てんかいほう)

問合せ/佐世保観光情報センター

TEL/0956-22-6630

住所/長崎県佐世保市下船越町399

営業時間/見学自由

アクセス/西九州道佐世保中央ICより20分

駐車場/130台

「九十九島八景 展海峰」の詳細はこちら

3.十三仏公園展望所

視界一面、オレンジ一色圧巻のパノラマサンセット。

展望台には与謝野鉄幹・晶子の歌碑も

北に妙見浦、南に白鶴浜海水浴場を望む展望所。真っ青な空と海が広がる昼間もキレイだけど、ベストタイム18時はさらに美しさ倍増!辺り一面オレンジになり、海に光の道が出現する日も! 十三仏公園展望所

問合せ/(一社)天草宝島観光協会

TEL/0969-22-2243

住所/熊本県天草市天草町高浜北

営業時間/見学自由

アクセス/九州道松橋ICより2時間30分

駐車場/31台

「十三仏公園展望所」の詳細はこちら

4.真玉海岸

日ごと異なる干潟の縞模様 足元まで空模様が広がる。

大分県で唯一、水平線に沈む夕陽を望める真玉海岸。干潮時でも海水が残るため、干潟が独特の文様に。水面に反射する夕陽と影のような干潟が美しい夕景を作り出す。満潮時も美しいけど、狙うなら干潮の18時! 真玉海岸

問合せ/豊後高田市商工観光課

TEL/0978-25-6219

住所/大分県豊後高田市臼野

営業時間/見学自由

アクセス/東九州道宇佐ICから30分

駐車場/100台

「真玉海岸」の詳細はこちら

※この記事は2016年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

愛知の温泉に行くならココがおすすめ!女子会にぴったりの一度は行ってみたい温泉17選!
三重の温泉を集めてみた。ほっこり温泉女子旅にぴったりの20選!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP