ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2017年最新おしゃれダイアリー5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月になり、早くも人気ブランドから2017年の手帳が出揃ってきました! アプリでスケジュールを管理する人も増えてきているけど、根強く多いのが手書き派。ここでは自分だけのオリジナリティのある手帳がつくれる商品を編集部が厳選してご紹介。一足お先に来年の手帳選びを始めてみては?

1.『ほぼ日手帳』
使い方はあなた次第、1日1ページ手帳の王様
 


出典:ほぼ日手帳 公式サイト

 
1日1ページタイプで有名な「ほぼ日手帳」。文庫本サイズの「オリジナル」、A5サイズの「カズン」、週間タイプの「weeks」、英語版の「Planner」など、大きく4タイプに分かれています。2017年版は、全部で79種類ものラインナップ。「オリジナル」は本体とカバーを組み合わせて使うタイプで、毎年中身だけを使い続けることもできます。
 
■ほぼ日記帳 ガールズチェック[オリジナル バタフライストッパー]
サイズ:W117(バタフライストッパーを除く)×H166×D25mm
価格:カバー&本体セット(月曜はじまり)4,536円(税込)
 
公式サイト
http://www.1101.com/store/techo/
 
 
 
2.『ban.do』
まるでノートのようなビッグサイズに思う存分書き込める
 


 出典:PRTIMES
 
ロサンゼルス発ブランドの「バン・ドー(ban.do)」から、ビッグサイズのダイアリーが登場! スケジュールも日記もメモも、思う存分に書き込める使い勝手の良いダイアリー。マンスリーページ&ブロックウィークリーページも、ビッグサイズならではの充実した書き込みスペース。毎日持ち歩きたくなるキュートなデザインも魅力♥
 
■ban.do 2017ダイアリー
サイズ:W215×H255mm
価格:各2,500円(税抜)
 
公式サイト
https://www.plazastyle.com/diary2017/
 
 
 
3.『CIAK DUO diary』
ダイアリーと横罫ノートの2 in 1
 


出典:チアック

 
イタリア・フィレンツェのノートブランド「チアック(CIAK)」の「デュオ ダイアリー(DUO diary)」はダイアリーと横罫ノートが一体化した画期的なレイアウトのダイアリー。イタリアらしい大胆な発想で2色を組み合わせた、美しいカラーが魅力的。くるっとひっくり返すと、どちらも左開きのダイアリー&ノートとして使用できます。
 
■CIAK DUO diary
サイズ:Sサイズ W82×135mm/Mサイズ W120×170mm
価格:Sサイズ2,200円/Mサイズ2,600円(税抜)
 
公式サイト
http://ciak.jp/index.html
 
 
4.『トラベラーズノート』
使い込むほどに風合いが高まるレザーが魅力
 


出典:トラベラーズファクトリー
 
「手に取って旅に出たくなるノート」をテーマに、牛革カバーにリフィルを挟んで使うノート。使い込むほどに味が出る牛革素材のカバーと、書きやすさに徹したシンプルなノートが人気の理由。さらにポケットやペンホルダーの取り付けなどもカスタマイズできます。レギュラーサイズは、A5サイズを少しスリムにした大きさで持ちやすい。
 
■トラベラーズノート 2017 月間 茶(26524006)
サイズ:カバー本体/W130×H218×D10mm リフィル/W110×H210×D3mm
価格:4,860円(税込)
 
公式サイト
http://www.tfa-onlineshop.com/
 
 
 
5.『ジブン手帳』
一年、一生、メモ帳の3 in 1スタイル
 


出典:KOKUYO

「一年で終わり」ではなく「一生つかえる」手帳をコンセプトに、3冊を使い分けるスタイルの手帳。バーチカル、マンスリー以外に、プロジェクト管理に便利なガントチャートが入った「DIARY」、差し替えるだけで一生使い続けられる冊子「LIFE」、書きやすいグリッド罫のメモ帳「IDEA」の3冊をバンド定規で1冊にまとめて持ち歩けます。
 
■ジブン手帳2017(ファーストキット)(スタンダードカバータイプ)
サイズ:W136×H217mm
価格:3,800円(税抜)
 
公式サイト
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/index.html
 
 
年末年始の忙しい時期に慌てないためにも、今から2017年の手帳をしっかり吟味して、自分に合った1冊を見つけておこう!

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。