ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今すぐ飛び降りたい…! 電車での通園で「これだけはやってはいけない」事例集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ワーママなら誰もが語りたくなるエピソードの一つや二つは持っている、保育園までの道のり。これは、認可保育園に漏れ電車で認可外保育園に通園することになった我が家の1歳の息子のお話です。

都内で最も激しいラッシュが展開される路線に、毎朝夕20分間子どもと乗り続けること1年半。2日に1回は機嫌の悪いサラリーマンに舌打ちをされ、罵声を浴びせられることもあった電車通園は、涙なしには語れません。 関連記事:育児休暇から仕事復帰、毎月のように発熱する娘。泣きたくなるのはママのほうだけど…

しかし、そんなことは言ってしまえば想定の範囲内。子連れの車内で巻き起こる惨事は想像をはるかに超えてきます。中でもその出来事が起きた瞬間は「できることなら今すぐこの電車から飛び降りたい!」と思ったことがありました。そこから見えてきた「電車内で子連れでやってはいけないこと」がこちら。

抱っこしてドア横の広告前に立たない

ある朝、バギーを抱えつつ息子を抱っこして、優先席前の車両間ドアの横に立っていた私。息子は目の前にある広告のオネエチャンが好みだったのか、ご機嫌で広告を触ったり軽く叩いたりしておりました。「こらこら、叩いちゃダメよ~」なんて和やかな雰囲気だった我々。

が、次の瞬間。

「スコン!スコン!スコーーーン!!」

という奇音と共に、フロントパネルと広告が枠の横から抜け、パネルがパリィィイイーーーーンと盛大な音を立てて床で砕け散りました。そう、いわゆる「ドア横ポスター」と呼ばれる広告は、横から差し込む形になっているのですね。広告の展示構造、初めて知ったよ…。息子は器用にもその小さな手をマッハでスライドさせ、パネルを広告ごと床にたたきつけることに成功したのです!(涙)

広告って、子どもの注意を引ける車内で唯一のお助けツールだと思っていた私ですが、その日以来広告からは距離を取って立つことを決めました。

子どもにペットボトル(特に中味が色濃いめのやつ)を持たせない

子供ってすぐのどが渇きますよね。たかが20分といえども、人口密度の高い蒸した車内では熱中症も心配なので、こまめに水分補給をさせることにしていました。

その日はとりわけ暑く、持参した水筒が電車を待っている間にからっぽになってしまい、仕方なくせがまれるまま自販機でブドウジュースを購入しました。

珍しく空いた車内の誰も座っていない優先席に陣取り、おもむろにジュースを所望する息子。嫌な予感はしました。ええ。しかしここで泣き叫ばれるより、しっかりフォローして飲ませる方が車内の迷惑にならないと思った私。この判断が悲劇を招くことも知らずに!!ペットボトルのふたを開けて息子に手渡し、こぼしそうになったらキャッチできる位置に手をスタンバイして、息子のドリンクタイムを見守りました。

そしてやはり洋服にこぼした息子。なぜタオルを手元に準備してから渡さなかったのか。私のバカバカ。一瞬、タオルをバッグから取り出して息子を見た時、衝撃映像が目に飛び込んできました。

息子がペットボトルを180度ひっくり返し、飲み口が真下を向いていたのです…!

「ドボドボドボドボドボ~~~」

まるで滝のような、いっそ清々しいほどの勢いで座面に染みわたっていく紫色。「何故!!」という私の虚しい叫び声と共にボトルを戻した時、既に半分以上はカラになっておりました。

これが水だったら…(乾けば無かったことになるのに)!

これがストロー式のジュースだったら…(ここまでこぼれなかったのに)!

まさに後悔先に立たず。覆水盆に返らず。様々な古人の格言が頭をかすめ、二度とあいつにペットボトルは持たせまいと心に誓ったのでした。

普段の生活では問題のないたわいないことが、車中ではこんな惨事を引き起こすこともあるのです…。

これから電車通園という、ただでさえハードルの高い時間を余儀なくされるお母さんたち、ご想像通り車中は(精神的な)戦場です!

しかし、どんな惨事でも後になって思い返すとちょっと笑えてくるもの。乗り越えた先には、このように笑い話のネタにもなりますよ。 関連記事:職場復帰後、実際なにが大変!?今春、3回目の育休明けを迎える私が悩み工夫してきたこと

著者:イミテーションの母

年齢:38歳

子どもの年齢:7歳と2歳

5年前の出産&育児から明らかに変化(退化)した自分の体力とべらぼうに増えたワクチンの種類とはうらはらに、待機児童の数は5年前と何の変化も無いという驚愕の事実にただただ途方に暮れる二児の母。どーなってんだ行政コラー!!やる気あんのかー!とブツブツぼやきながら、今日もカタカタPCに向かっております。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

保育園・幼稚園ママ必見!「持たせる薬」の手間が減る、調剤薬局で使える裏ワザ
今日何食べたっけ?毎日スカスカの食事欄。書くのが苦痛だった保育園連絡帳
「ウチの子におもちゃを貸さなかったのが悪い!」ケガをさせられたのに悪者扱い。まさかの保育園トラブル

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP