ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、自社製ChromebookのAndroidアプリ対応を予告する広告を掲載、キャッチコピーは「Powered by Android」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Chrome OS が Google Play や Android に対応し、既に一部の Chromebook では Android アプリを利用することができますが、未だにどの機種も対応していない Samsung 製 Chromebook も最終的には対応することを示唆する広告が同社の公式サイトに掲載されていました。Samsung は過去に数機種の Chromebook を投入しており、中でも Chromebook Series 3 には人気があります。しかし、現在のところ Android アプリに対応しているのは、Chromebook Flip、Chromebook R11、Chromebook Pixel 2 のみで、他の機種の対応時期もまだ分かっていません。Samsung は自社の公式サイトに大きな「Powered by Android」のフレーズと Chromebook が移る広告を掲載しています。この広告が示すことは Samsung 製の製品も Android アプリに対応することなのですが、Chromebook なのに「Powered by Android」というフレーズを使ったことに対して Android を搭載したと誤解を招きかねないと指摘されています。Samsung 製 Chromebook のうち、Chromebook 2 と Chromebook 3 は 2016 年 ~ 2017 年の間に Android アプリが利用できるようになる予定ですが、より詳細な対応時期は分かっていません。Source : Samsung

■関連記事
「ポケモンGoプラス」の次回販売は11月、オリジナルデザインの大容量モバイルバッテリーも販売中
Android版「ATOK」、Android 7.0への対応を改善
Google Pixel / Pixel XLのフロントパネル写真が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。