ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドローンの操作距離を「蒸し器」を使って延ばす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

針金と蒸し器を使ったドローンお手軽感度アップに挑戦。もともと雑な作りのドローン本体のアンテナを、波長に合わせた長さの針金に交換します。さらに、市販の蒸し器をプロポ用のパラボラアンテナとして改造するのです。送信出力は同じでも、カンタンに操作距離は延ばすことができました。

低価格ドローンの操作距離

低価格ドローンX5Cの受信アンテナは、機体内部にあるわずか3cmのビニル線。これが、モーター配線やLED配線と一緒に雑な感じで束ねられていました。これでは受信感度がプアで操作距離が出ないのも仕方ありません。

そこで、針金を使いアンテナを機体の外へ延ばし、感度アップを図りました。2.4GHz帯を利用しているので、波長は12.5cm。アンテナの長さは1/2λの6.25cmにしました。基板にハンダづけして作業は終了です。

次に、送信機もパワーアップ…といきたいところですが、送信側を下手に加工すると、電波法に抵触する可能性もあります。そこで、アンテナを含め本体は加工せずに、反射板を用いて電波が飛ぶ方向に指向性を持たせます。

ドローンの操作距離が2倍に

利用するのは、台所用品の蒸し器。今回使用したのは「ステンレス製フリーサイズ蒸し器」です。鍋の大きさに合わせてプレートの角度が変えられます。

蒸し器の中央部分の取っ手と足部分は、つまんで捻ると簡単に外すことが可能。中央の穴は、プロポのアンテナ(直径約1cm)が入るようにリーマーで径を広げます。これで簡易パラボラの完成です。

実際に電波状況の悪い街中で、ドローンの操作距離を測定してみました。簡単な加工ですが、ノーマル状態で70m程度だった操作距離が、135mと約2倍に! 見た目はイマイチかもしれませんが、効果はバツグンです。

関連記事リンク(外部サイト)

無線ルーターのおすすめ簡単パワーアップ改造
エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた
2×4材と突っ張り金具で室内に柱を追加する
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは
電子工作のプロが愛用するおすすめの工具セット

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP