ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

赤外線カメラ&GPS搭載で遠隔操作が可能!室内を舞う人工蝶がドイツに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年、犬・鳥から海の生き物まで、動物を模したロボットが次々と登場しているなか、ひらひらと舞う人工蝶「eMotionButterfly」が注目を集めている。

ちなみに、これはドイツのエスリンゲンに拠点を置くスタートアップFestoにより開発中の製品である。

・赤外線カメラを搭載した室内GPSで蝶の位置を捕捉

なぜ蝶が空中をひらひらと舞うことができるのかと言うと、ここでカギを握るのが室内に設置された10個の赤外線カメラである。

赤外線カメラを使って蝶の位置を捕捉後、その位置データがコンピュータに送信される仕組みとなっている。

こうして、赤外線カメラ付きの室内GPSのおかげで、蝶の飛行ルートが調整され、蝶は室内空間をゆらゆらと舞うことができるのである。

・超軽量

重さについても本物の蝶と同様に再現されており、非常に軽量な材質で出来ている。

さらに、人工蝶に使用する材質を最小限に留めるとともに、機能の統合、人工蝶に搭載する電源ユニットの最小化にも成功している。

狭い空間を舞うことができるため、将来的には工場などでの活躍が見込まれているようだ。

eMotionButterfly

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。