体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

朝の一歩が力強くなるコトバ。「見たい世界に、あなたが変えなさい」

朝の一歩が力強くなるコトバ。「見たい世界に、あなたが変えなさい」

人生はラクじゃありません。たいてい困難や失敗、ストレスに満ちているものです。「泣きっ面に蜂」なんていうことも、よくあります。

そんな状況を跳ねのけるほど日々のモチベーションを上げるには、先人たちの偉大な言葉からヒントをもらうのがオススメです。

01.
存在するものだけを見て「なぜそうなんだ」という人もいるが、私は存在しないものを夢見て「何故ないのか」と問いかける。

(バーナード・ショー)朝の一歩が力強くなるコトバ。「見たい世界に、あなたが変えなさい」

1921年のバーナード・ショーの著書『メトセラへ還れ』から引用されたこの言葉は、ジョン・F・ケネディの大統領選でも使用されました。

既存の物事に固執しないで新しいものを作り出すことや、どうしたら出来るかを考えることのほうが、結果的に「自分の道」を作り上げることになるのです。

02.
時間は限られている。だから他人の人生を生きて、時間を無駄にしてはいけない。

(スティーブ・ジョブズ)

言わずと知れた革新的企業家のスティーブ・ジョブズの2005年のスピーチの一部から。彼はいつも自分の直観を信じて声を上げよう、と言い続けていました。

貴重な人生を無駄にせず、やりたいことを貫くべきです。

03.
失敗を恐れるな。やりもしないでチャンスを逃してしまうことこそ恐れよ。

(ジャック・キャンフィールド)朝の一歩が力強くなるコトバ。「見たい世界に、あなたが変えなさい」

この言葉は「間違いや失敗はそれで終わりではない」ということを教えてくれます。失敗を恐れるということは、前に進まないことと同義です。

失敗は新しいチャンスを生み出します。満足するまで挑戦し続けることが大切です。

04.
ストライクを取られるたびに、次のホームランに近づく。

(ベーブ・ルース)

ホームラン王として有名なベーブ・ルースですが、同時にストライクアウトも多かったことで知られています。三振を恐れず、決してゲームを投げ出したりはしませんでした。

この言葉は「失敗こそが、成功に至る道である」と教えてくれています。

05.
毎朝後悔しながら起きるには、人生は短かすぎる。だからあなたに正しく接する人を愛しなさい。そうでない人のことは忘れましょう。

(ハーベイ・マッケイ)朝の一歩が力強くなるコトバ。「見たい世界に、あなたが変えなさい」

この言葉には、続きがあります。「そしてすべての出来事には理由があると信じて。チャンスを逃さず、それがあなたの人生の転機になるなら、受け入れよう。たやすいことではないけれど。でもそうするだけの価値はあるはずだから」

あとどれだけ生きられるかなんて誰にも分からないのです。充実した人生にしましょう。落ち込むのはやめて、機会や可能性に目を向けましょう。チャンスを掴んで、経験に投資しましょう。

自分のことを批判する人に自分をアピールすることに躍起にならず、家族や友人など、自分の夢を支えてくれる人を大事にしましょう。

06.
「お前には描けない」と内なる声が言うなら、なんとしてでも描かなければ。そうすれば、声はきっとやむ。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会