ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

充電不要!電動アシストに見えないスタイリッシュな自転車「Budnitz Model E」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電動アシスト自転車というと、バッテリーの存在感が大きく、いかにもという感じ。

しかし、米国バーモント拠点のBudnitz社がカスタムメイドで手掛ける「Model E」は一見、電動アシストに見えない。

というのも、バッテリーが見えないデザインになっているから。見た目がクールなうえ、下り坂走行や逆向きのペダルこぎでバッテリーを充電するというスグレモノだ。

・ハブモーターにバッテリー内蔵

バッテリーは後輪ホイールのハブモーター部分に内蔵されている。

ハブモーター全体はピカピカに磨かれたアルミホイールで覆われ、かなりスタイリッシュな外観。傍目に電動アシスト自転車と認識する人はかなり少ないだろう。

・充電の手間いらず

加えて、Model Eの売りはバッテリーの充電が不要という点にある。

普通なら、走行で減ったバッテリーを充電する必要があるが、Model Eは下り坂を走ったり、ペダルを後ろ向きにこいだりすることで充電される。

実際、バッテリーは内蔵されているので取り外しは不可。普通の自転車と同じように使用しながらアシストを享受できる。

・パワー調整も可能

では、アシスト機能の性能はどうかというと、最大スピードは時速24キロで、32〜160キロの走行をサポートする。

どのくらいのパワーでアシストしてほしいかは人によって異なるだろうが、Model EではBluetoothで連携させる端末でモードを変えられるようにもなっている。

・世界最軽量

自転車のボディはチタン合金でできていて、開発元は「電動アシスト自転車としては世界最軽量」とうたう。

加えて、ユーザーの乗り心地にも重点を置いていて、ユーザーの体格や好みが反映されるよう、各部位の高さやアングル、長さなどを調整して組み立てるカスタムメイドとのこと。

かなり手の込んだ自転車だけに値段もそれなりで、1台あたり3950ドル(約40万円)〜。簡単に手を出せる額ではないが、興味のある人はこちらのサイトをチェック!

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP