ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自律神経を整えるには何をする? 正しい朝と夜の過ごし方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自律神経には交感神経と副交感神経があり、昼間の活発な時間は交感神経が、夕方から夜にかけてのリラックスした時間は副交感神経が活発になってバランスを取っています。自律神経は、人が健康に生活するためになくてはならないもの。自律神経に乱れが生じると、倦怠感やめまい、頭痛、動悸、手足のしびれといったさまざまな症状が現れてしまいます。それでは、自律神経を整えるにはどうすればいいのでしょうか?

交感神経と副交感神経のバランスが大事

交感神経と副交感神経は、まったく逆の役割を担っています。緊張感を持って仕事をしたり、活発に動くことができるのは交感神経の役割。昼間は交感神経が優位でなければいけません。逆に夕方から夜にかけては副交感神経が優位になることで、心も体もリラックスモードになるので、昼間の疲れを癒してしっかり休息することができます。朝と夜は、交感神経と副交感神経が切り替わる時間です。この時間をいかに過ごすかで、自律神経の切り替えがスムーズにいくかどうかが決まります。忙しい現代では、いつも交感神経が優位になっている人が多いので、いかに副交感神経を優位にするかも大切です。

自律神経を整える正しい朝の過ごし方

寝坊をしてバタバタしてしまった朝は、1日中バタバタの気分を引きずってしまい、調子が乗らないのではないでしょうか。 朝は副交感神経を交感神経に切り替える時間ですが、切り替えが急すぎると一気に交感神経が高まり過ぎてしまいます。朝は早めに起きて、ゆっくりとした動作を心掛けましょう。いつもの歯みがきや洗顔も、もう少しゆっくりすることで、スムーズに交感神経に切り替えることができます。

自律神経を整える正しい夜の過ごし方

朝の自律神経のバランスを整えるには、前日の夜の行動が大切です。もっとも避けたいのは寝不足。寝不足は自律神経を乱すいちばんの原因です。夜更かしの習慣が付いてしまうと、自律神経は乱れっぱなしになってしまいます。夜12時前にはベッドに入る習慣を付けましょう。夜にしっかり副交感神経を働かせるには、自分で意識してリラックスモードに入ることも大切です。寝る前のスマホやテレビは控えて、ゆっくりとマッサージなどをするといいですよ。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP