ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サンパウロの「ブラジル日本移民史料館」英語もポルトガル語がわからなくても楽しめる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

ブラジルには約150万人の日系ブラジル人が在住し、そのうちの70%がサンパウロに集まっていると言われています。そして、そのサンパウロの中でも特に日本の色が濃く根付いているのが“Liberdade(リベルダージ)”という地区です。

 

今回はサンパウロのリベルダージ地区にあり、“BUNKYO”という名で知られる“ブラジル日本移民史料館”について紹介させていただきます。

 

最寄駅から一本道で迷わない!約40年の歴史を持つ史料館

「ブラジル日本移民史料館は、移民70周年祭の記念事業として1978年6月18日にオープン。当時の皇太子・明仁親王殿下(今上天皇)と美智子妃殿下、ガイゼル大統領(故人)によって開館されました。」(公式HPより引用)という長く歴史を持つ史料館は、メトロ駅“São Joaquim(サンジョアキン)”から徒歩約5分の“文協ビル”という建物の中にあります。

 

展示は7、8、9Fとなっていて、展示面積は1592㎡にもなるそうです。

また、駅からの道も一本道なので、迷わずに行くことができます。

 

職員も日本語対応!展示物にもすべて日本語で解説

 

史料館に入る前、建物内に入った段階で職員さんは大体の人が日本語を話せます。なので、館内でも迷うことなく展示までたどり着くことができます。

 

 

日本からブラジルに多くの移民を運んだ“ブラジル丸”の模型や、実際に移民たちが農作業で使った道具、貴重な資料などを見ることができ、確認を取ったところ写真の撮影は可能だそうです。

 

フロアを上がると、インフォメーションデスクと、移民に関する書籍に販売を行っていました。購入しなくても、色々と質問に答えてくれたり、どんなことが書いてある本が欲しいかということを言えば、その内容に沿った本の案内もしてくれます。

 

もちろん、ここでも日本語で会話ができるので安心です。

 

3階には、日系移民を調査研究する“サンパウロ人文科学研究所”


日経移民の歴史
Fujisan.co.jpより

 

各階の展示入口にも係の人がいるので質問などできるのですが、ちょっと詳しい内容の質問をしたい時には3階の“サンパウロ人文科学研究所”で色々とお話を聞くことができます。

たまたま私が行ったときには、研究員さんたちも若干時間があったらしく、移民に関するお話や、貴重な資料がしまわれた倉庫も見せていただくことが出来ました。

公式サイトでも、色々な資料を読むことができます(サンパウロ人文科学研究所URL:http://www.cenb.org.br/)。

 

サンパウロのメトロ駅“Bresser-Mooca(ブラッセルモーカ)”という駅にも移民博物館があります。しかし、こちらはポルトガル語と英語のみで、展示によってはポルトガル語のみでした。こちらの博物館は日系人だけではなく、イタリア系やドイツ系などの話にも触れ、BUNKYOとはまた違った展示を見ることもできますが、やはり日本語でしっかりと内容を把握できるBUNKYOをおすすめします。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP