ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイスランドおすすめ観光スポット12選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヨーロッパで行くべき国は?と聞かれたら、真っ先におすすめしたい国「アイスランド」

日本ではあまり知られていませんが、氷河と火山を両方とも持つ自然溢れる場所です。今回は、そんなアイスランドの全ての世界遺産と絶景スポットをご紹介します。

 

シングヴェトリル国立公園 / 世界遺産

photo by Howard Ignatius

photo by Gunnlaugur Þór Briem

photo by Howard Ignatius

photo by Chris Ford

photo by allen watkin

photo by Eugene Phoen

photo by Howard Ignatius

photo by Howard Ignatius

photo by Howard Ignatius

世界最古の議会が開かれたという歴史を持つ国立公園は、地球の生命の根源を感じさせる場所です。

ここでは地球のプレートの割れ目を観測することができます。世界でも地上でこれが観測できるのは2箇所のみとされており、プレートの割れ目上を歩くことが可能です。

遥か遠い大昔から地球が創生されてきている歴史を感じることができるでしょう。
■詳細情報
・名称:シングヴェトリル国立公園
・住所:Thingvellir, Iceland
・電話番号:(354)-482-2660
・営業時間:5月1日〜9月30日・9:00〜16:00
・公式サイトURL:http://www.thingvellir.is/

 

スルツェイ

photo by Le Jhe

photo by Le Jhe

海底火山の噴火により突如アイスランドの海に現れた無人島がスルツェイです。

3年もの間噴火を続け、火山と溶岩のみで出来たこの島は、日本の西之島新島と並び海底火山噴火により出現した島として有名です。

海の真ん中に巨大な岩盤の壁が聳え立つ光景は、異様な雰囲気を漂わせています。自然保護のため上陸は禁止されていますが、小型機などで空から見学することが可能です。
■詳細情報
・名称:スルツェイ
・参考サイトURL:http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20150202/434024/

 

グトルフォス / 世界遺産

photo by Haukur Herbertsson

photo by Ulf Bodin

アイスランド語で「黄金の滝」を意味するグトルフォスは、最大幅は70m、落差は30mにもなります。

晴れた日には滝に虹がかかり、黄金色に輝くということからこの名前がつきました。

冬には滝が凍りつき、また違った美しい姿を見せます。水煙を上げながら流れ落ちるその迫力ある姿は、アイスランド人にとても親しまれています。
■詳細情報
・名称:グトルフォス
・住所:Gullfoss Parking, Gullfossi
・電話番号:(354)-486-6500

 

ゴーザフォス

photo by Howard Ignatius

アイスランド語で「神々の滝」を意味するゴーザフォスは、最大落差は12mとそれほど高くないものの、落差と幅の違う滝が3つ横に並ぶ美しい景観を持っています。

名前の語源は、約1,000年前、アイスランド古来の神々ではなくキリスト教を信仰することを決めた後、それまで信仰していた神々の偶像をこの滝に投げ込んだことだと言われています。
■詳細情報
・名称:ゴーザフォス
・住所:Godafoss Waterfall
・アクセス:レンタカー、もしくはアークレイリ発着のゴーザフォスを含む日帰りツアー。アクレイリ(AKUREYRI)からバス約40分
・電話番号:(354)-464-3108
・公式サイトURL:http://www.world-of-waterfalls.com/iceland-godafoss.html

 

セリャラントスフォスの滝

photo by Clifton Beard

photo by Chase Dekker

photo by Arnar Valdimarsson

アイスランド南部にあり、最大落差は65m。周りを囲む岩山に敷き詰められたような美しい草花が、滝の景観をより一層引き立てています。

滝の裏側を歩くことが可能で、夕日の落ちる海岸を背に目の前を流れ落ちる滝の姿は絶景そのものです。

アクセスしやすいことから観光客も多いスポットですが、滝の裏側を歩く際にはレインコートを忘れないようにしましょう。
■詳細情報
・名称:セリャラントスフォスの滝
・住所:Seljalandsfoss
・アクセス:首都レイキャビクから車で約3時間

 

ブルーラグーン

photo by Jonathan Percy

photo by Chris Ford

湖のように巨大な、世界最大の露天風呂「ブルーラグーン」は、その名のとおり大変美しい青い乳白色をしています。

この温泉には高い皮膚病治癒力があるとされており、さらに美肌高価が高いことからアイスランド随一の観光スポットとなっています。隣接するスヴァルトセンギ地熱発電所の排水を再利用したエコな温泉ということでも有名です。
■詳細情報
・名称:ブルーラグーン
・住所:Blue Lagoon
・アクセス:車でケプラビーク国際空港から約20分、レイキャビクから約40分
・営業時間:日によって異なる
・料金:35ユーロ(7月~8月は45ユーロ)
・公式サイトURL:http://www.bluelagoon.com/blue-lagoon-spa/prices-and-packages/

 

スカフタフェットル国立公園

photo by Jesús Rodríguez Fernández

photo by Patrick Shyu

火山と氷河というアイスランドの大自然を持ち合わせた国立公園です。この国では珍しい森林が広がり、野鳥が繁殖し、たくさんの動植物が生息しています。

見所はバトナヨークトルにある氷の洞窟。降り積もった雪が固まって凍ったものが、太陽の光から青色だけを透過して魅せることにより、神秘的な青一色の洞窟を見ることが出来ます。
■詳細情報
・名称:スカフタフェットル国立公園
・住所: Reykjavík
・アクセス:車でレイキャビクから300km、約6時間
・営業時間:月におり異なる
・公式サイトURL:http://www.vatnajokulsthjodgardur.is/english/operation/visitor-centre/skaftafellsstofa/

 

ヨークルスアゥルロゥン

photo by shutterstock

アイスランド最大級の氷河湖として人気のヨークルスアゥルロゥン。年間を通して多数のツアーが組まれており、他のアイスランドの観光地と合わせて周ることが可能です。

なかでも、陸水両用の車で周るツアーは、氷山の間を縫うように進むことができ、アイスランドらしい風景を楽しめるとして人気です。

『バットマン・ビギンズ』などの映画のロケ地としても使用されていて、ヨークルスアゥルロゥンの美しさが映画の魅力のひとつともなっています。
■詳細情報
・名称:ヨークルスアゥルロゥン
・住所:Skaftafell National Park | Route 1, Iceland
・アクセス:スカフタフェットルから1日3便バスが運行

 

ヨークサルロン氷河湖

photo by shutterstock

ヨークサルロン氷河湖は、アイスランドの南海岸、レイキャビクからは東へおよそ380km車で走った地点にあります。湖の深さはアイスランド最深で、なんと248mです。

動物の生息も多く、運が良ければオーロラや花火が見れることもあるそうです。

『トゥームレイダー』『007ダイ・アナザー・デイ』『バットマン・ビギンズ』などのロケ地としても有名です。

温暖化などにより氷河が融解、後退することで、年々その面積が大きくなってきています。

湖へは水陸両用車に乗って、氷河湖を巡るツアーなどがたくさん企画されていて、氷山を間近に見られるようなので、一度調べてみてから行くといいと思います。
■詳細情報
・名称:ヨークサルロン氷河湖
・住所:Jökulsárlón
・アクセス:レイキャビクからは東へおよそ380km

 

ストロックル間欠泉

photo by shutterstock

ストロックル間欠泉は、5分~10分に一度大量の熱水が地上から噴き出る間欠泉です。アイスランドのクヴィータ川近辺に位置し、観光スポットとして連日多くの観光客で賑いを見せます。

一度に噴出する熱水の高さは一番高いときで、70mにも及ぶこともあるそう。

噴出するのは一カ所だけでなく何カ所も噴出し、ミントブルーの綺麗な泉を見ることが出きます。

高さ数十メートルにも及ぶ熱水も見どころですが、噴出する前にミントブルーの水が盛り上がり丸いビー玉のような姿を見せるところも、外せません。
■詳細情報
・名称:ストロックル間欠泉(Strokkur)
・住所: Geysir 801 Haukadalur,Iceland
・アクセス:レイキャビックから車で約1時間半

 

エイヤフィヤトラヨークトル火山

photo by shutterstock

エイヤフィヤトラヨークトル火山は大きな氷河の一角です。2010年に大噴火を起こし、ヨーロッパに大きな被害を及ぼしました。

突然として真っ白な雪に囲まれた山が、一瞬にして赤く染まりました。

すぐ近くにはエイヤフィヤトラヨークトル火山ビジターセンターもあり、大噴火の記録を見ることが出きます。

その他にも壮大な滝、セリャラントスフォスやスコゥガフォスを鑑賞できるので、見どころがたくさんあります。
■詳細情報
・名称:エイヤフィヤトラヨークトル火山
・住所:Eyjafjallajökull
・アクセス:レイキャビクから、エイヤフィヤトラヨークトル火山近くのソゥルスモルク自然保護区へのツアー参加が一般的

 

デティフォスの滝

photo by shutterstock

デティフォスの滝は全長44m、幅100mにもなる、欧州最大の滝です。巨大な音を立てて滝つぼへと水が落ちていき、晴れている日には虹を見ることが出きます。

その壮大さから映画『プロメテウス』のロケ地にもなりました。

滝の周辺では、トレッキングを楽しむことができ、手つかずの美しい自然を見ることができます。

ガイドブックにはあまり乗っていないですが、迫力満点なので是非お立ち寄り下さい。
■詳細情報
・名称:デティフォス
・住所:Dettifoss
・アクセス:アークレイリ発着のデティフォスツアーに参加するのが一般的
・オススメの時期:6月中旬~9月中旬

関連記事リンク(外部サイト)

欧州最後の独裁国家と呼ばれる「ベラルーシ」にある世界遺産まとめ
【忘れてはいけない】歴史を刻む、負の世界遺産とは
時代に翻弄された国アルバニアの世界遺産「ベラットとギロカストラの歴史地区」と「ブトリント」
アゼルバイジャンの世界遺産「ゴブスタンのロック・アート」と「城塞都市バクー」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP