ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結婚しない奈々子43歳 君の名は。を見て落涙した理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 40代独身女性の本音に迫る人気シリーズ、第1回「41歳、優子の場合」、第2回「42歳、美希の場合」は大きな反響を得た。生涯未婚率が高まる中、平成22年度の国勢調査結果によると、40代独身女性でその後の10年間に結婚した人は、たったの「1%弱」。一方で、いま40代の独身女性の30%強が、「結婚願望がある」と答えている(※)。40代独身女性は結婚を、したくなかったのか、できなかったのか、これからするのか。理想と現実のはざまに揺れる女たちのそれぞれの事情。第3回は、「結婚はしない」と言い切る43歳、奈々子の場合をお届けする。(※明治安田生活福祉研究所「20~40代の恋愛と結婚」より)

 * * *
■43歳、広島県出身、東京都在住、派遣社員・イラストレーター、奈々子の場合

「若い頃から恋愛体質じゃなかったんです。これまでに付き合った人は3人。少ないですよね。結婚したいと思ったこともないし、これからするつもりはないです。未来に絶対はないけれど、今のところは。でも、そうやって恋愛や結婚を人生から排除する自分を、淋しい人間だな、とは思っているんです」

 日曜の昼下がり、代々木公園近くのカフェで、奈々子はゆっくりと言葉を紡ぎはじめた。広告代理店の派遣社員として働きながら、イラストレーターとしても活動する。ファッション大好きというaiko似の43歳。

「線を描いているときが一番気持ちいい。それは仕事でも、単に趣味で描いているときも同じです。上手く描けなくて何度も直したりと苦労はありますが、気持ちいいことに変わりはない。こんな快楽を与えられちゃったから、恋愛に興味のない人間になっちゃったのかな(笑)」

 大阪の美大を卒業後、関西でフリーターをしながらイラストレーターへの道を模索してきた。絵の仕事を増やしたいと一念発起して29歳で上京。以降、派遣社員との二足のわらじを続けている。一般事務に加えてパソコンやDTPを使いこなす奈々子は、これまでのところ、派遣の仕事は途切れたことはないという。

「東京に出てきて一番よかったのは、絵の仕事が増えたこと。雑誌や広告のワンカットなど、まだ小さい仕事が多いですが、とてもありがたい。もう一つが、映画をたくさん見られること。映画は今、だいたい週2、3本ですね。東京の友人のほとんどは、映画を通じて知り合った人たち。SNSやイベントで増えていき、男女問わず、歳の離れた友人もたくさんいます。中には、年間300本見るというツワモノも。大人になってからもなお、新しい友達ができることがとっても嬉しいんです」

 話題作やハリウッド映画など、ジャンルを問わず見るが、好きなのはアニメだという。

「昨日やっと、大ヒットしてる『君の名は。』を見て来たんです! 1人で来ている40代女子なんて誰もいないだろうと、恐る恐る行ったんですが(笑)、映画が始まったら、あの絵と世界観に吸い込まれました。ただ、ちょっと悲しすぎる過去を思い出しちゃったんですよね……。エンディング、RADWIMPSの『Nandemonaiya(なんでもないや)』を聴きながら、年甲斐もなく、涙がこぼれてきて」

 少し遠くを見やると、奈々子は18歳で初めて付き合ったという美大の同級生との思い出を語り始めた。

「映画サークルで出会った人で、最初は友達でした。東京出身の彼は、男女ともに他人を『君(キミ)』って呼ぶんです。それが新鮮で、カッコよかった(笑)。ノリも合ったし、映画と絵の趣味も似てて、告白されて付き合うようになったんですが、その後もずっと私のことを「君」って呼ぶんですよ。1年たってもそれだから、『何で名前で呼んでくれないの?』って怒ったら、『女の子として見れないんだ』って。びっくりしました。1年付き合ってそれかよって」

 一方で、妙に納得する自分もいたという。

「私自身、正直、友達といるほうがラクなんですよね。付き合うと、休日は会わなくちゃいけないとか、時間の制約も出てくるし、男友達と2人で遊びに行きづらくなる。大勢と自由にフラットな関係を結ぶほうが、私には向いてるんだと思う。二次元が好きなのもあるのかもしれません。その後に付き合った2人とは、自然消滅のような感じで終わりました。昔から結婚願望はないんです。これは母の影響もあるのかもしれません」

 広島の山間部で生まれた奈々子は、父と専業主婦の母、兄と弟という5人家族。男兄弟の中で育ったせいか、女の子らしい外見とは裏腹に、性格は活発で勝気だった。そのせいか、物心ついた頃から母親との折り合いは良くなかったという。狭い田舎で専業主婦をする母親の話題と言えば、父親と姑の悪口ばかりだった。

「中学生になる頃かな。お母さんはそれで人生楽しいのかなって思って、言ってしまったんです。『離婚して自由に働いたら』って。そうしたら、見たこともない鬼の形相で怒られた。『結婚を何だと思ってるの!』って。『結婚はそういうものじゃないんだ!!』って。じゃあ、どういうものか全く分からなかったんですが、幸せそうにも見えない上に、続けなければいけないものなら、私はしなくていいやって悟ったんですよね。大人になって振り返れば、母にも、私には見せてない顔があったんだろうけど。

 ただ、兄と弟は普通に結婚して、子供が二人ずついるんです。兄は実家で親たちと同居して仲良くやっているみたいだし。だから結局は、私の感受性や性格の問題なんでしょう。とにかく今は、絵の仕事と映画があり、趣味を共有できる友人がいれば十分です」

 恋愛より友人、結婚より絵、三次元より二次元、それが奈々子だ。では、そういう自分を、冒頭で“淋しい”と言ったのはなぜなのか。

「うーん。それはやっぱり、ラブコメも好きだし(笑)、現実には、夫婦すごく仲良い友人や、子供を溺愛している友人もたくさんいますから、私が味わっていない幸せがあることはわかっているから。そういう意味では、諦めてしまっているところもあるのかな。でも、あれもこれもできるほど器用じゃないし……。

 今は絵の仕事を増やすことが、自分のプライド的にも、金銭的にも最優先なんです。だって、それがなかったら、私、何もない女ですよ。43歳で、定職も彼氏も家も、もちろん子供もいない。笑っちゃいますよね。だからこそ、絵を頑張らないといけないんです」

 派遣の仕事の合間に自身のHPを整備し、営業用のパンフレットを作成し、自費を投じて個展を開くなど、こつこつと営業活動にいそしんできた。それでも現実は甘くない。

「絵だけで食べていけるようには、この先もならないと思います。もう43ですしね。それでいいと思ってるんです。派遣の仕事も、色んな人と知り合えて嫌じゃないし。ただ、絵を仕事として続けて行きたいは思っています。絵は、趣味ではなく、あくまで仕事にしていたい。一番やりたいのは映画の仕事ですね。でも映画雑誌は減っているし、イラストレーターに定年はないから……。

 ごめんなさい、話が暗くなっちゃいましたね。私の座右の銘は『奇跡を待つより、捨て身の努力よ!』。そう、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の葛城ミサトの台詞。『君の名は。』もよかったけど、この夏の話題作では『シン・ゴジラ』のほうが好みだったかな。庵野秀明監督、大好きです」

 絵と映画で満たされている奈々子には、恋愛とはまた別の、充実している人間特有の幸せオーラがある。互いの仕事や趣味を理解しあえるパートナーとなら楽しくやっていけるのではないか、と聞いた。

「そんな人がいたらいいけど、男の人って若い子が好きだからなぁ。話は少しずれますが、最近、一人暮らしの限界を感じてはいるんです。一人が長いと、どうしても独りよがりになっていくなって。自分の話ばかりするようになったり。職場に50代の独身女性がいて、ちょっとそういうタイプなので反面教師にさせてもらってるんです。あと10年、できれば20年は絵を頑張って、将来は気の合う友達とシェアハウスで暮らせたらなんて、夢を見ています」

【関連記事】
印税計算方法や編集者とのつきあい方など作家の裏側綴った書
第一線で活躍する映画字幕翻訳者・戸田奈津子が執筆した自伝
誰もが避けられぬ「老い」について日本映画を通して考えた本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP