ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chromeカスタムを活用したブラウザアプリ「Chromer」がv1.6にアップデート、Web Heads機能が強化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Chrome のカスタムタブ機能を活用した WEB ブラウザアプリ「Chromer」が v1.6 にアップデートされました。v1.6 はメジャーアップデート版となっており、主に WEB ページをバブルで読み込む「Web Heads」に様々な機能追加が行われています。まずは、ファビコンの表示に対応し、バックグラウンドでのローディングで完全なページ読み込みをサポートしました。また、開いたページのグループ表示やバブルの長タップによるコンテキストメニューの表示に対応し、アニメーションの円滑化も行われています。他の部分では、アプリの設定メニューがリニューアルされ、Android 7.0 で Web Heads をクイック設定ツールで ON / OFF する機能も追加されました。「Chromer」(Google Play)

■関連記事
Sony Mobile、Xperia C5 UltraのAndroid 6.0アップデートを開始
Google PlayストアのAndroidアプリ、Wi-Fi接続に切り換わった際にアプリを自動インストールするキューイング機能が追加
「Moto Z」の同梱品が豪華すぎる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP