ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1枚の絵に描かれるたくさんのドラマ…“だまし絵”のようなデジタルイラストがステキ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランスを拠点に活動するCiryl Rolandoさんは、「Aquasixio」という名義で「愛」や「宇宙」を感じるデジタルアート作品を発表しています。

・宮崎駿から影響を受けた世界観

男女の重なり合う唇の上でドラマチックなキスをする恋人たち。

 

大海原をドレスに纏った女性。

 

 

溶けたろうそくが流れ落ちる滝。

だまし絵のように2つ以上の異なる情景が織りなす不思議な世界観に、思わず惹き込まれてしまいます。

Cirylさんの作品のルーツは、ティム・バートンと宮崎駿だとか。

確かに言われれば「なるほど」という感じもしますね。

・アーティスト以外の顔

また、Cirylさんはアーティスト「Aquasixio」であると同時に、臨床心理士としても活動しているそう。

それを聞くと、ただメルヘンなだけではなく、深層心理に訴えかけるようなメッセージを感じる作品の世界観もうなずけます。

“芸術の秋”ということで、今の季節にピッタリの素晴らしいアートシリーズです☆

作品はFacebookなどで公開されているので、秋の夜長にゆっくり楽しんでみてはいかがでしょうか。

Facebook
https://www.facebook.com/Aquasixio/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP