ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クレームの恐喝罪と脅迫罪と強要罪は何が違う?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いくら相手に非があるからといって、感情の赴くまま過剰な要求を行うと、時と場合によっては逮捕されることもあります。正しいクレームで、相手から最大限の償いを引き出さなければなりません。そこで、クレームの恐喝罪と脅迫罪と強要罪は何が違うかを詳しく見ていきましょう。

クレームの脅迫罪と恐喝罪の違い

「金銭を要求する」のは恐喝罪です。最大10年以下の懲役になる可能性があります。恐喝罪はクレームと最も関係が深い罪といえるでしょう。

事実関係の調査もないうちからいきなり、「ケガしたから治療費を払え」や「迷惑料をよこせ」と要求することで成立します。「治療費はどうなるんですか?」など丁寧に質問して、逮捕を回避したいところです。

クレームで「殺すぞ!と脅す」のは脅迫罪になります。最大2年以下の懲役又は30万円以下の罰金です。恐喝罪との違いは金銭の要求ではなく、害悪の告知という脅すことにあります。

クレームで土下座しろは強要罪

具体的には、相手(本人もしくは親族)の生命や自由や名誉や財産を奪うぞといって(=害悪の告知)脅すこと。「娘をさらうぞ」や「ネットに晒してやる」もアウトです。直接であれ電話口であれ成立します。

クレームで「土下座して謝れ」は強要罪に問われます。最大3年以下の懲役です。コンビニ店員に不当なクレームをして、土下座を強要。その様子をTwitterに投稿した男女4人が逮捕されています。

必要のないことを相手に強制すると強要罪です。彼らは、タバコを騙し取るなどもしたため、結果的には恐喝容疑となりました。(文/今野博志)

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP